誰といても疲れない自分になる本

著者 :
  • 総合法令出版
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862805508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの人といると疲れる、怖い、イライラするという相手に振り回されている自分の受け止め方を変えることで、疲れない、気持ちいい、豊かな人間関係をつくる。
    「しゃぁないなぁ」という明らめの視点を意識したい。
    17-109

  • ・この世の中は合わない人だらけ
    ・自分という壁で受け取めなければイライラすることもない。他人事にしてしまう。
    ・すぐできなくて当たり前で生きる

    日常すごし、気になることが色々あるが、日々の考え方の工夫次第で気にしなくなるのだと思う。
    考え方の1つの参考になった。できなくて、人に注意されて落ち込む事が度々あるが、すぐに出来なくてもいずれできればいいと思うようにしたい。

  • 目新しい事は書いていないし、既に頭で分かっている事だが、本で読んでまた理解を促す感じ。

    ・クレームなど受けた時には自分が透明になったかのようにすーっと受け流す事
    ・相手に何度も何度も繰り返し話す事が大切

    など、自分に余裕がないとつい忘れがちな事を改めて認識できた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ビジネス心理カウンセラー

「2017年 『ほっとする人間関係』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林恭弘の作品

誰といても疲れない自分になる本を本棚に登録しているひと

ツイートする