トマス・アクィナスの心身問題―『対異教徒大全』第2巻より

  • 知泉書館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862850638

作品紹介・あらすじ

『神学大全』に対しもう一つのスンマと言われる中期の代表作『対異教徒大全』の第2巻56章から90章のラテン語対訳である。本書で扱われているのは「人間存在についての基礎論」ともいうべきもので、知性的被造物としての非質料的で非物体的であるはずの人間の魂が「どのような仕方で身体と合一するのか」が主題となり、心身合一である人間が問われるとともに身体と合一しない純粋な知性的存在者(天使)に固有なあり方が論じられる。トマスが人間の身体より「知性的側面」に重点を置いているのは、イスラームの思想家アヴィセンナやアヴェロエスの「知性論」との知的対決を目指していたものと思われる。本書はこれらの思想史的背景を踏まえて、トマスの人間への眼差しを明らかにする。適切な註解と平易な訳文を心がけると共に本格的な解説を付す。トマス人間論への格好の導きとなろう。

トマス・アクィナスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×