ピンダロス祝勝歌研究

著者 :
  • 知泉書館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862850959

作品紹介・あらすじ

1962年に発表されたバンディーの研究は,『ピンダロス祝勝歌』研究史上の画期をなすものであった。
ギリシャ古典文化の中で共有されていた理解は,類例による実証を通じてのみ復元可能である。バンディーはその事情を「ピンダロス研究はジャンルの研究である」と表現した。彼の狙いは,勝利者賛美という目的への集約と,ジャンル理解に基づくトポス論への注意を喚起することであった。難解な箇所を伝記や作者の意見の噴出と見る立場を否定し,祝勝歌のジャンルの文脈で捉え直すために網羅的な再読の必要性を訴えた。しかし現実にはジャンルの研究は基礎にすぎず,既にそれは克服されたとして彼の問題提起は忘れられつつある。
このような研究状況に対し著者は,祝勝歌は勝利者を称える修辞と論述によって勝利者の賛美という目的へ集約され,その展開を歌全体に渡って確認する必要があることを個別な実例の精密な分析により明らかにする。
ピンダロスは難解であると言われてきたが,ピンダロスを読み解けなければ,他のいかなる古典作家も読むことはできない。ピンダロス研究は,われわれに突きつけられた,ギリシャ文学全体の読解可能性の試金石である。
本書の企図はテキストの徹底的な読解を通じて,ピンダロス理解の現状すなわちギリシャ語が読めていないことへの再認識と解読への道はいまだ途上であることを明らかにし,この道程への研究者の参集を促すことにある。

著者プロフィール

首都大学東京人文社会学部准教授。研究テーマ:西洋古典学、特にギリシア文学
主な業績
『ピンダロス祝勝歌研究』(知泉書館、2010年)、『西洋古典学の明日へ』(共編著、知泉書館、2010年)、「アイスキュロス『ペルサイ』93-101行の位置に関する文献学的考察」(『哲学誌』60、2018年)、「伝サッルスティウス『カエサル宛書簡一』」(訳・解説、『サッルスティウス関連小品集(翻訳・注・解説)』、慶應義塾大学言語文化研究所、2015年)。

「2019年 『『英雄伝』の挑戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小池登の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×