365日料理じょうずの味つけ黄金比

著者 : 杵島直美
  • 泉書房 (2009年4月発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862870407

作品紹介・あらすじ

「黄金比」とは、芸術やデザインの世界でその物が最も美しく見える、調和がとれた「比率」のことを言います。「美しい比率」を「おいしい味つけの比率」に置き換えると多くの料理に共通するおいしい調味料の割合があることが判明。「味つけの黄金比」と呼びます。肉じゃがときんぴら、どちらもおなじみの和風料理です。一見無関係に見えるこの二つの料理の味つけの黄金比は、しょうゆと砂糖、みりん、酒が「3:1:1:1」で全く同じなのです。これらの「味の黄金比」を知れば、誰でも料理じょうずになれて料理作りが愉しくなるはずです。

365日料理じょうずの味つけ黄金比の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年も毎日、料理をしてきても、作るたびに味が濃かったり、薄かったり、なかなか同じようには作れないものだが、この黄金比さえ頭にインプットしておけば、いつ、誰が作っても、同じ味になるのだと納得。
    タレなどは、多めに作って冷蔵庫にストックしておけば、それをまた応用して、違う料理も作れたりするので便利だ。
    薄くて小さい本なので、キッチンの隅に置いておいてもよいのでは?

全1件中 1 - 1件を表示

杵島直美の作品

365日料理じょうずの味つけ黄金比はこんな本です

ツイートする