アジアの布を纒う (布楽人双書)

著者 :
  • アートダイジェスト
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862920126

作品紹介・あらすじ

「アジアの布は縫わない、切らない、そのままが美しい」をコンセプトに元ミス日本の著者が、アジア16ヵ国の伝統布を使って提案する、装いの究極のオシャレ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャルダム・シルクサリーっていうのとトルクメニスタンの「花嫁の綴縫取織チャドルっていうのが気になる。柄が。材質的には「科布」っていうのが気になる。

    こういった本借りてくると「何のために借りてきたんだっけ…」ってなります。

  • アジアの布は「縫わない、切らない、そのままが美しい」。

  • [ 内容 ]
    アジアの布は「縫わない、切らない、そのままが美しい」。
    アジア16カ国の伝統布を使って、46の装いを紹介。

    [ 目次 ]
    1章 民族の命を纒う―アンティーク布を使って
    2章 アジアン・エレガンスの装い―新しい伝統布を使って
    3章 布合わせの愉しみ―きれ、古裂を使って
    4章 日本三大古代布を纒う―芭蕉布、葛布、科布
    5章 和服の粋な帯―アジア各地の手仕事布を使って
    6章 布のおしゃれ基本講座

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

大分県日田市出身。尚絅短期大学食物栄養科卒業。
1983年ミス日本グランプリ。NHK「クイズ面白ゼミナール」アシスタント。雑誌「CLASSY]のモデルなどを経て、現在、姫路市でギャラリー「とーく」経営。
特に、日本やアジアの伝統布を基本にした服飾作品で構成する「布の企画展」に力を入れている。又、仕事の傍ら、姫路市の依頼を受けて学校関係や老人ホームなどで、「美しいウォーキング」「メイクアップ講座」「スカーフのおしゃれ」等を講演。

アジアの布を纒う (布楽人双書)を本棚に登録しているひと

ツイートする