これが恋というものだから (アルルノベルス)

著者 :
制作 : 実相寺 紫子 
  • ワンツーマガジン社
3.94
  • (5)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862960405

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このシリーズの1を読み、間をすっ飛ばしてこれを読みました。攻めが一途&健気でなんだか可愛かった(笑)未咲の為に密かに裏で手をまわしてあれこれしたり、食べ物で手懐けようとするとかとかwwしかも隠し撮りしたものを携帯の待受にしてるなんて、一歩間違えばストーカー(爆)二人を取り持つ猫のライがまたいい感じ♪可愛かった〜v杉原が兄というのはびっくりだった!最後にある彼視点のお話面白かったです。実相寺紫子さんのイラストすごく好き。

  • 恋シリーズ4 
    社長×花屋 高校の同級生
    このシリーズは、往年のハーレクインって感じ。裏切らない展開で読み易く、読後感もいいので好き。ペットって、つい太らせてしまいますが、この作者もそうでしょうか?他シリーズにも太ってるけど魅力的な猫出てきましたよね?

  • 恋シリーズ第4弾。
    会社社長×お花屋さん。
    ライくんのお肉に埋もれてみたい・・・(笑)
    お話的には王道で読みやすいんじゃないかなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

BL作家。2001年『甘い口づけ』でBL作家としてデビュー。同作スピンオフ作品『奪われる唇』でヤクザものシリーズを確立後、警察ものからケモミミまで執筆ジャンルは多彩。

「2017年 『お弁当代行屋さんの届けもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

これが恋というものだから (アルルノベルス)のその他の作品

妃川螢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする