総司還らず (ワンツー時代小説文庫)

著者 : えとう乱星
  • ワンツーマガジン社 (2008年2月発売)
3.29
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862960801

総司還らず (ワンツー時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沖田総司が江戸で出会った少女と和宮降嫁、孝明天皇の暗殺などが絡んで話が進みます。
    「禁裏御みあし帳」というのがキーワードとして進むのかと思いきや、意外に…。フィクション性が強く、中心となるのは新選組内部より伊庭八郎など外部の人間が主です。最後はここで?と思うところで終わりました。ネタの要素はあっただけに、ちょっと物足りなく感じました。
    総司の恋に関しては定番とは違う設定で、出会いの総司の様子が好きだったので、もう少し恋の話を絡めて読ませてもらいたかったです。

  • えとう乱星・・・エトランゼですか?
    自分の仮説に基づく前提から世界を描く方ですね(フィクションですが)
    禁裏御みあし帖・・・貴人の足型を綴った足袋屋が必要とする台帳
    これを使い、いくつか作品を書いている様子でした
    新撰組 沖田総司を歴史の目撃者とし、思いがけない事件に巻き込まれていく
    様を魅力的な登場人物で物語としています
    ・・・ねたばれで・・・かけない

全2件中 1 - 2件を表示

総司還らず (ワンツー時代小説文庫)のその他の作品

総司還らず Kindle版 総司還らず えとう乱星
総司還らずの詳細を見る 単行本 総司還らず えとう乱星
総司還らず (広済堂文庫)の詳細を見る 文庫 総司還らず (広済堂文庫) えとう乱星

えとう乱星の作品

総司還らず (ワンツー時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする