誓いのキスは恋咲く庭で (アルルノベルス)

著者 :
制作 : 佐々木 久美子 
  • ワンツーマガジン社
2.91
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862961778

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年3月10日

  • 【感想】
    お話の雰囲気は好き。
    すごく良い感じ。
    ただ倉科はバイセクシャルなんだよね。
    自分で陽に言ってたし。
    これは個人の好みだけど、私は「俺はホモじゃねぇ!好きなのはお前だけだっ!!」的な展開が好き。
    だから残念だった。
    【あらすじ】
    花屋に勤める陽は、入りこんだ屋敷の庭園で端整な顔立ちのレストランオーナー・倉科と出会う。夢でもあったトピアリーの仕事を持ちかけられ承諾する陽だったが、微笑みながら囁かれる意味深な言動一つ一つに振り回わされてしまう。更には名を呼ばれるだけで疼く胸に気付かないふりをする陽に、倉科は甘いキスをして!?軽く触れた後、再度重ねられる唇。指し入る舌に口内を舐られ歯を立てられれば、じわりと走る痺れに陽は抵抗する事もできず…。

全2件中 1 - 2件を表示

桂生青依の作品

ツイートする