声しか見えない (ムーグコミックス BFシリーズ)

著者 : 小箱あき
  • ジーウォーク (2016年12月26日発売)
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862976376

声しか見えない (ムーグコミックス BFシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 強要された不倫のせいで声が上手く出せない上司×声フェチ部下。岸野がとても天然というか、失顔症じゃなかったら本当にただの声フェチ変態ストーカで、相当やばい…w一耳惚れを7年こじらせて寝てる相手襲っちゃうってwでも、藤沢の声が良いということが脅せる材料だと本気で思ってるところが、かわいくて憎めない^^ 園村の今後が気になります。

  • リーマンもの、上司受けです。上司は少々重いトラウマを抱えてるけど一途な部下との恋愛で解決に…それで終わりかと思いきや上司の従兄弟や当て馬も登場して賑やか。全体的にシリアスなテーマなのに随所に上手いことコメディ要素があって本当に楽しく読めます。
    絵はとても綺麗でBL向き。
    表題作で丸々1冊で物足りなさもなく、いろんな事にバランスの取れた本だと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

声しか見えない (ムーグコミックス BFシリーズ)のその他の作品

声しか見えない (BF Series) Kindle版 声しか見えない (BF Series) 小箱あき

小箱あきの作品

声しか見えない (ムーグコミックス BFシリーズ)はこんなマンガです

ツイートする