書痴半代記 (ウェッジ文庫)

著者 : 岩佐東一郎
  • ウェッジ (2009年4月20日発売)
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863100466

書痴半代記 (ウェッジ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011/4/14購入
    2012/1/19読了

  • 1968年に出版された随筆集。
    「日本古書通信」に連載された文章が中心とか。

    ぼくは書痴なんてものではありませんが、昔古本屋で働いていたので、やっぱり古書の話には興味があるのです。

  • 詩人にして書痴, 岩佐東一郎の懐古的な随筆.

    稲垣足穂, 辻潤, 龍胆寺雄らは名のみ登場する. 日夏耿之介, 岡崎清一郎は重要な登場人物だ.

    演芸の人とばかり思っていた正岡容が, 日夏耿之介の「奢灞都」 (正確にはその前身である「東方藝術」) 創刊に関わっていたというのは面白い発見だった.

    それから60年が経ち, 1985年に生田耕作が第二次「奢灞都」を創刊するのだが, その話はもちろんこの本にはない (この本の原書は1968年刊).

    それにしてもウェッジ文庫, こんな微妙に渋すぎる本ばかり出して大丈夫なのかなぁ.

全3件中 1 - 3件を表示

岩佐東一郎の作品

書痴半代記 (ウェッジ文庫)はこんな本です

ツイートする