ほろにが菜時記 (ウェッジ選書)

著者 :
  • ウェッジ
3.63
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863100725

作品紹介・あらすじ

四季の食材について学名から故事来歴、味覚、調理、詩歌に至るまで鋭敏な感覚で味わい尽した究極の味覚随筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歌人の食の歳時記季節の食べ物を細かく観察して、その美味しさ、逆に邪道!と思うこと、、繊細なのにきっぱりしている。

    一話が短くて読みやすい。
    あととりあえず庭に植えてみる感じがかわいい。
    スイカが嫌いで匂いだけで嘔吐を催す、柿が好きすぎて一個600円もする柿を買ったけどぐにゃぐにゃ甘いだけでまずかった、沢庵が好きすぎてでも完璧な沢庵探しは諦めている、秋になると妻と手分けして梨を買いまくる、鰯にオリーブオイルかけられてげんなり…、、フェンネル やバジル などのハーブの話も。


  • 詩歌

  • 歌人らしい独特の感性による食のエッセイ。

  • 12/6 読了。

  • いろいろな食物、特に読み方、字に関する拘りや想い。古の短歌も情緒を添える。

  • 著者は大阪に住んでいたので京都には距離感があるようです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1920年生まれ。2005年没。歌人。51年、第1歌集『水葬物語』刊行、以後、岡井隆、寺山修司らと前衛短歌運動を展開。現代歌人協会賞、詩歌文学館賞、迢空賞、斎藤茂吉短歌文学賞、現代短歌大賞など受賞。

「2022年 『紺青のわかれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚本邦雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イタロ・カルヴィ...
ジャック・ケルア...
リチャード ブロ...
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×