「瓢鮎図」の謎―国宝再読ひょうたんなまずをめぐって (ウェッジ選書)

著者 :
  • ウェッジ
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863101029

作品紹介・あらすじ

男は、瓢箪で鯰を抑えているのか?31人の禅僧は何を書いたのか?そして、将軍・足利義持の狙いは何だったのか?日本水墨画の源流・如拙が描いた「瓢鮎図」の謎に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国宝再読とはまさしくその通り.目から鱗の解釈.豊かに広がる禅の世界と将軍義持と禅僧如拙始め禅僧たちの見事な問答,丁寧に調べられた功績と禅の深い知識に感服しました.ノーマン・ワデル氏との対談も興味深かったです.

  • 瓢鮎図をそこに書かれた賛を中心に述べている.旧解釈では意味の通じなかったところなどを豊富な知識で分析し解釈し直すところは推理小説のようでスリリングだ.ただ画についても専門なのだからもう少し触れてほしかった.

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

花園大学国際禅学研究所顧問

芳澤勝弘の作品

ツイートする