東海道新幹線 各駅停車の旅

著者 :
  • ウェッジ
3.97
  • (12)
  • (13)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863101111

作品紹介・あらすじ

お江戸散歩の品川、町ごと博物館のような小田原、懐かしい昭和の雰囲気漂う熱海、富士山を仰ぐ新富士、おでんがおいしい静岡、クラシックな建物づくしの米原、ロマンチックな大阪…。見て、歩いて、食べて、それぞれの街を存分に味わいつくした、全17駅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅の本です。

  • 日本にはこんなに素敵な所が沢山あるんだな~と思いました。いつかこの本に掲載されている駅を巡ってみたいという目標が出来ました。

  • 東海道新幹線の各停車駅を起点に美味しいもの・レトロなもの・立ち寄りたいところを紹介しています。
    著者が静岡出身であることや東海道新幹線が通っているゆえでしょうか、静岡の駅(熱海や三島、新富士、静岡)の紹介に少し力が入っているような気がします。のぞみなどでは止まらない駅にスポットを当てているのがとても興味深く新鮮です。
    何故なら個人的にはどうしても早く京都に着きたくなってしまうので、毎回素通りなので。。。
    もっとも著者が青春を長く過ごした京都の頁もいつものように力が入っています。

  • いつもは通りすぎてしまうけれど、この駅面白そうだなぁ
    と思うのは、東海道新幹線に限らずどの路線でも誰しもあるかもしれない。
    そこで、下車して探索を実行に移せるかどうかは
    いろいろな事情でなかなかできない人も多いと思う。

    駅名だけはお馴染みの駅で、ちょっと素敵な雑貨屋さんを見て
    小さな喫茶店で休憩。
    実際にできたらやってみたいけれど
    これを読んでいるだけでも少し散策したような気持ちになれる。

    レトロな趣味のものが多くて、個人的には
    写真を見ているだけで楽しかった。

  • やっと買えた!写真がとにかく綺麗、かつスマートな文章で読みやすく一気読み。今度東京に行く時は途中下車してみよう。

  • ホンワカ系の写真が、著者らしい雰囲気。
    お店やおみやげのカタログブック的なのは…まぁしょうがないのかしら。もっと文章が読みたいなとも思ったかも。。

    かわいい旅がしたくなる~
    品川や熱海や京都など知ってる駅もおもしろく、知らない駅もまたおもしろかった。

  • 静岡を訪れた時に地元の書店で見つけた本。お散歩感覚でローカルスポットを歩く感じが、自分にとてもフィットした。お店選びのセンスも好き。

  • タイトル通り、東海道新幹線の各駅のガイドブックです。
    こういう切り口の本は初めて読みました。
    すごく新鮮でした。

    ひかり・のぞみの止まらない駅も全て。
    「へえ、こんな所なんだ~。」と行きたくなりますよ。
    たいていはレトロ調ですが。
    古き良き日本が残っている駅。

    一番行きたいと思ったのは「掛川」でした。

  • 観光地がチョコレートケーキならば、駅前の素朴な街はホットケーキだ、と、食べ物に置き換えて思ってしまいます【^◆^】

    要は旅が好きなのですが、
    どうも、ローカル電車やバスに乗り、
    素朴な街を歩いて、ジオラマモードで写真を撮り、
    おいしいコーヒーを飲めたら、もう幸せ。

    ということで、この本を参考に(でも新幹線は予算の関係上、つかえ~ん(TОT) ) ふらふら旅をしたいと思います。

  • ガケ書房で買わなくて後悔している本その一。

全11件中 1 - 10件を表示

甲斐みのりの作品

東海道新幹線 各駅停車の旅を本棚に登録しているひと

ツイートする