日本の漁業が崩壊する本当の理由

著者 :
  • ウェッジ
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863101722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漁業についてまとまった本を読んだのはこれが初めて。何となく水揚げ量が漸減しているような話は聞いていたが、この本を読んでかなり明確になった感。

    まずその理由として乱獲があり、まだ大きく育たない魚を大量に水揚げすることで、ますます魚がいなくなる悪循環となっている。
    そして多くの問題、特に日本の第一次産業でパターンの問題が、ここでも繰り広げられる。つまり、その対応策というのはほとんど結論が出ているにもかかわらず、実行に写されないことである。
    対策とは、年間の水揚げ量を制限し、魚が大きくなるのを待つ。結果、油ののった良質な大きな魚が獲れ、ゆえに単価も上がる。またノルウェーというこの対策をとった成功例があるにもかかわらず、日本の漁業は対策が取られない。いつもの総論賛成各論反対の世界である。
    この本を読んで、なるほど、と思ったのは。まず以下の話。
    このような対策の遅れはよく政治家に矛先が向かうが、世論の支持がなくそれを主張するのは落選の憂き目にあって、政策も実現化されない。ノルウェーでもそうであったが、まずメディアが率先して議論して、対策が必要だという世論を作る。そのバックアップがあるから政治家が反対(特に漁業者側)を抑え、漁業制限を行う。結果、漁業も潤い、近代化されるというシステムである。
    これが日本だと、特に左派系の大新聞による漁民の生活を破壊する……といった論調のキャンペーンと既得権益の代表と化した官僚の多数派によって進まない。マスメディアの重要さを痛感した次第だ。

    またより魚食に目覚めた周辺諸国の影響もあって漁獲高が減っていると思ったが、その問題と国内の問題は分けて考えるべきであること。国内の問題がまずは大きいことのようである。
    また水産エコラベルのような国際認定を受けておらず、輸出も障害が多いとのこと。これも農業が実際は農薬の基準以上の使用など認可も少なく先進国向け輸出が多くが許可されていないのと同じような問題ではないか。そして大手マスメディアは、優れた日本の品質が世界で称賛といった論拠に乏しい話を、特にバラエティー番組で大量に垂れ流すといった次第である。

    この本は漁業の問題点を扱う数少ない本のひとつでもあり、それを一般に知らしめる問い意味でも良書である。また、もしかして著者とは違う視点からの論考もあるかもしれないので、そういった漁業本も読んでみたいとも思った。

  • 日本が漁業の後進国だとは知らなかった。漁業関係者は冷静な判断のできる大人がいないようだ。既得権にしがみついて問題を先送りにしていたら、日本の漁業は本当に崩壊するだろう。2章の対談に出てくるような人たちがもっと増えることを期待したい。
    旬の脂の乗った大型のおいしい魚だけを獲るようにすれば、資源は守られ漁師も儲かるのに、日本では目先のことしか考えられないので季節外れの小さな魚をとってしまっている。日本で魚がとれなくなってきたのは乱獲が原因であるのに、環境の変化や他国のせいにしている。
    アメリカの大手スーパー、ウォルマートやホールフーズマーケットでは日本の養殖ハマチは置かせてもらえない。シーフードウォッチによって、資源管理が赤とされているからだ。日本の養殖ハマチは餌の調達に問題があるようだ。

  • 世界では水産物の消費が伸びていて、漁獲高や養殖も合わせた生産量は伸びている。一方で、日本の水産物の生産量は1990年代くらいから右肩下がり。
    高齢化が進んで漁業の担い手がいなくなった?(これには本書では触れられていませんが)かと思いきや、魚が取れなくなってきたせい。確かに、言われてみると最近ホッケがちっちゃいような。。
    欧米各国では既に漁獲枠の管理手法が導入されているため、無駄に小さな魚を獲って貴重な枠を消費することもなく(小さな魚を獲らず、大きな魚を獲るための技術的な工夫が進んでいるとか)、枠が決まっているので早い者勝ちで乱獲することもない。日本もやれば良いのに、と思うことばかりが本書の中には並んでいます。
    海洋国家なのに島国根性で交渉が苦手で…なんて言っていると、国内の漁業資源はおろか、近海の漁業資源まで無くなってしまうのでは、と読んでいるともどかしい気持ちになります。

    本書の構成は実にわかりやすく、最初は基礎的な部分を学べるQ&A、次に専門家による対談、最後に著者からの提言。さらにグラフや数量データも豊富で、200ページの中にこれだけ工夫があるとお見事としか言い様がありません。
    様々な立場の人向けに「どうすれば良いのか?」も書いてあって有益です。流通業が主導的役割を演じて、大きく育つ前に獲られた子マグロを売らない、等のルールを設定すべきというのはその通りだと思ったし、そういう店があれば応援したいと思った次第です。
    読み終わって思ったことは、本書の中身は本当にぐうの音も出ない正論だと思うのですが、それでも実行されない政策というのは山ほどある訳で。実現のためには何が必要なんだろうと考えてしまいました。
    日本の水産業の夢っぽいビジョンだとか、具体的なステップ論や課題の見せ方とか、これは政治や行政の仕事なのかもしれませんが、そこまで進めてみても良いのかも。

    現状にちょっとじれったくなって、帰り道に魚屋へつい立ち寄りたくなる良著でした。

  • 既得権益の強い日本でどうやって仕組み作りをするかの議論が次なんだな。資源保護うまくいっていないのが基本だと思っていたほうがいいか。

全4件中 1 - 4件を表示

日本の漁業が崩壊する本当の理由のその他の作品

片野歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高梨 ゆき子
佐藤 雅彦
アンソニー・B・...
タナハシ・コーツ
トマ・ピケティ
菅付雅信
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の漁業が崩壊する本当の理由はこんな本です

ツイートする