スコットランド タータンチェック紀行 (私のとっておき)

著者 :
  • 産業編集センター
4.21
  • (7)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110366

作品紹介・あらすじ

山と湖の国スコットランドを象徴するタータンチェックは、大地と人々の暮らしに深く関わってきた格子柄。その一つ一つが名前を持ち、意味を持っています。古城に泊まり、ガーデンを散策し、ファクトリーやショップをのぞきながら、スコットランドとタータンチェックの伝統を感じてみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • w

  • ようこそ!タータンチェックの国へ
    スコットランドを象徴するタータンチェック。
    この格子柄には、スコットランド人のアイデンティティや虐げられてきた過去など、
    スコットランドを知る重要な要素が詰まっています。
    スコットランドの歴史と伝統を感じてみませんか?

    手書きPOPより抜粋

  • 図書館で借りた

    タータンチェック好きな作者が、
    タータンチェックを軸にスコットランド巡りを紹介する本

    タータンチェックはスコットランドの人にとって、
    こんなにも大切な意味があったとは知らなかった。

    一族専用の柄があって、
    それを家紋のように誇りを持って身に着けているらしい。
    血筋や故郷をとても大切にしている文化なのだと感じた。

    柄は全て登録制になっていて、
    全てに意味があるらしい。
    何気なく見ている物に深い意味があることに驚いた。

    歴史に触れている記述も多かったけれど、
    覚えながら読むのは大変なので、
    写真をただ楽しみながら読んだ

  • タータンチェック好きにはたまらない。是非、読むべし買うべし。

  • 元々タータンチェックが大好きで、洋服とか小物も手持ちで沢山有ります。私の大好きなブラックウォッチ柄は、ハンドメイドやリネンなどのナチュラル雑貨が好きな方ならご存知だと思うのですが、名前の由来とかまでは知らない方が多いのではないでしょうか。
    たっぷりの写真が載っていて、タータンチェック好きの私はもう大興奮しちゃいました。

  • 論文用に
    スコットランドの風景の写真や、小物、建物のしゃしんがいっぱいあったので、時間があったらもっとじっくり読みたかったです。
    もちろんチェックのことも詳しく知れます!

  • チェックは永遠です。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1966年、宮城県仙台市生まれ。コピーライター、編集者をへて、フリーライターに。著書に『タータンチェックの文化史』(白水社)、『図説 赤毛のアン』など著書、翻訳書多数。

「2016年 『図説 英国ファンタジーの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田実紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
セオドア・グレイ
菊池 亜希子
三浦 しをん
阿部 了(写真)
有川 浩
有川 浩
内田 也哉子
フランツ・カフカ
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

スコットランド タータンチェック紀行 (私のとっておき)を本棚に登録しているひと

ツイートする