パリにゃんⅡ

著者 :
  • 産業編集センター
4.38
  • (17)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110687

作品紹介・あらすじ

フランスの田舎で生まれた子猫は、おしゃまな「パリにゃん」になれるのか?パリに住むおしゃまな猫たち第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パリのおしゃまな猫達の写真集第2弾。
    こちらも可愛くてほんわか幸せな写真多数。
    驚いたのは「スシ」って名前の猫が2匹紹介されていたこと。
    スシ…パリで大人気?
    意外と可愛い名前かも…。
    スシって名前なのにメロン好きってところも良い♪

    そして何より著者の酒巻さん家に生まれた6匹の子猫の成長記録が可愛い!
    どの子も本当に愛らしい。
    子猫との出会いって、きっとすごく幸せな瞬間なんだろうなぁ‥

  • 猫だけでも可愛いのにフランスの子どもとのツーショットなんかになるともう可愛いを通り越して美しい。西洋人ずるいわあ。

  • 癒されます❤ネコ好き必見!!
    パリに住むお洒落な猫たち、パリにゃん再び!
    素敵な街並みと、気ままで可愛い猫たちに出会える一冊です。

  • ほんと可愛い!買わなきゃソンソン!

  • ライオンカットのにゃんこたんかわゆす☆

  • 外国の猫は、なんとなくふてぶてしい感じがいい。
    ブサ猫だって気品がある。
    そして飼い主に愛されてる顔してる。
    ちゃんとわかってんだね。

    犬に比べると賢くないみないな言われ方するけど
    バカなフリしてるだけです。めんどくさいから(笑)
    自分たちの自由を守るために。きっとね。

    やっぱり猫が好き。

  • なんだろう…パリってだけでおしゃれな感じがする…!
    写真の撮り方がうまいのかな?

    ライオンカットのネコちゃん、かわいいいな。
    さすが猫科つながり。

  • パリにゃんはおデブちゃんが多い!!
    どの猫もとても飼い主に愛されていて
    幸せそうでいいなあ。

  • パリにゃんではどこか第三者的にパリの猫を写真に収めていた酒巻さんだったが、本作ではご自身を取り巻く猫状況に進展が。
    表紙の可愛らしさにやられた。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

フリー編集ライター。女子美術大学デザイン科卒業後、料理学校、ル・コルドン・ブルーに留学のため渡仏。帰国後、編集プロダクション、料理雑誌の編集部を経てフリーに。2003年、再度渡仏し、現在パリとノルマンディーを行き来する生活を送っている。パリのお散歩写真は「いつものパリ(paparis.exblog.jp)」、ノルマンディーの日常写真は「ノルマン犬猫日記(normanneko.exblog.jp)」にて公開中。
著書に『フランス人とパンと朝ごはん』、『フランス バゲットのある風景』、『パリのプチホテル』、『パリのエッフェル塔』、『パリ犬』、『パリにゃん』、『パリにゃんⅡ』、『プチ・パリにゃん』、『カフェ・パリにゃん』(すべて産業編集センター)、『パリのマルシェのレシピ』(誠文堂新光社)、『フランス 暮らしの中のかわいい民芸』(パイ インターナショナル)など多数。

「2018年 『フランス人と気の長い夜ごはん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒巻洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊原 美代子
高野 和明
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする