ほんほん本の旅あるき

著者 :
制作 : 佐藤 純子 
  • 産業編集センター
3.63
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 113
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863111127

作品紹介・あらすじ

全国に広がるブックイベント「一箱古本市」の発案者が、全国の個性的な本屋さん、変わり種の本にまつわるスペースをゆる〜く紹介。ほんを通じてまち、ひとが見えてくる一冊。イラストマップ付き!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の旅に本は欠かせない・・楽しく読めそうです!

    岩手・秋田~富山・鳥取・島根~広島・高知~福岡・大分・鹿児島~著者と一緒に私も、昔旅した街を歩いていました。
    古本屋さんやフリマへは寄っていませんが、本屋さんには寄りましたよ!(波佐見焼きのフリマとは、5月に出会ったばかり♪)

  • 少しずつ読み進めてようやく読了。カラー写真が奥ゆかしくて○。

  • いろんな所で様々なことをなさっている方々がいらっしゃるんですね。

  • フリーペーパー カフェ 古本屋という点を
    線に結ぶことは案外難しいのかもしれない。
    (最近の地域活性化のよくありがちな案)

    リノベーションしたカフェ
    地域活性化が一辺倒っていうのはハッ!とさせられた。

  • 谷根千のひと箱古本市の主催者でもある著者が、全国各地の本を巡るレポート。ひと箱古本市は全国ネットになりつつあるようです。

  • 日本中の本屋をゆっくり歩くっていいだろうな。
    本が好きな人はいい人が多い。
    私はいま、好きな人がいる。でもその人が人妻だったら、どうするのだろうか。

  • 「一箱古本市」という本の一大フリマイベントを立ち上げた編集者・冷ター南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さんが、日本各地のブックイベントを周りながら、町並みやおいしいご飯、そして人に出会う紀行モノ。とにかく登場人物が多く、南陀楼は行く先々で(主に)本を通じて、様々な個性的な人たちと出会う。もう、面白いのなんの。日本にはまだまだ面白い人がたくさんいるんだな、と発見がある。千葉県や東京くんだりに住んでいても、面白いことに不自由することはない。しかし、その面白さはしばしば既製品、出来合いの匂いがする。そうではなく、地方に行くともっと野生感に満ちた面白さがある。そんなことを、南陀楼さんの本から知る。「地方」への興味がいっそう大きくなるとともに、旅に出てくなる本だ。

全7件中 1 - 7件を表示

南陀楼綾繁の作品

ほんほん本の旅あるきを本棚に登録しているひと

ツイートする