コーヒーゼリーの時間

著者 :
  • 産業編集センター
3.38
  • (0)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863111165

作品紹介・あらすじ

本邦初!!コーヒーゼリーブック登場!関東・関西の厳選店を一挙紹介。関連コラム、豆知識も充実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コーヒーゼリーを食べる時に飲み物は何を合わせたらいいのか、という長年の悩みに対する答えがやっと見つかった。

  • 大好きではないけれど、時々ふと食べたくなる不思議な大人のスイーツ。まずは近場のお店から足を運んでみようと思いました。

  • コーヒーゼリーっていいよね。
    甘いのに苦い。
    おやつなのに大人。
    すき。

  • 2017.9.9
    最近大好きなコーヒーゼリー。コーヒーはそんなに得意じゃないのに不思議。お店メモして行ってみようー!

  • 596.6

  • 単なるお店の紹介本、と思っていたら、つるん、と足元をスプーンですくわれる。
    香り高い文章といっしょに、どこからでも、さあ、召し上がれ。

  • この人の写真が好きだ。
    そして、対象物を見つめ、愛情こめて
    語る文章も。

    今回は、コーヒーゼリー。
    もともと好きなスイーツではあるのだけれど、
    この人の写真、紹介文にかかると
    いてもたってもいられなくなるほど
    食べたくなる。

    各店のこだわりもしっかりと取材されていて
    コーヒーゼリーの深みも知ることができた。
    コーヒーにも、コーヒーゼリーにも
    深みとこくと、ほろ苦い甘さが
    店によって微妙にちがう。
    それを堪能してみたいと思わせてくれた。

  • コーヒーゼリー大好きです、おいしそうなコーヒーゼリーの写真や
    提供者のこだわりが書かれています

    長年の謎だった「コーヒーゼリーを食べるときにはなにを飲むのか」の
    アンケートには、水、だったりお茶だったり、コーヒー(!)だったり
    様々な回答がありました。私は、うーん、お茶かなぁ…。

  • 資料番号:011651627
    請求記号:596.6/キ

  •  一店舗知っている(行ったことある)ところが紹介されていた。こういうのがあると妙にうれしい。予想よりも文章が多く、細かい記述がよかった。写真だけでもとも思ったが、本の体裁が変わるしなぁと。コーヒーゼリーと、また渋いピンポイントを狙ってくれたところが、スキな人としてありがたい一冊であった。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

文筆家。一九七五年栃木生まれ。持ち場は食文化と書評。主な著書に『もの食う本』(ちくま文庫)、『はじまりのコップ 左藤吹きガラス工房奮闘記』(亜紀書房)、『銀座ウエストのひみつ』(京阪神エルマガジン社)、『コーヒーゼリーの時間』『コッペパンの本』(産業編集センター)などがある。お酒ミニコミ『のんべえ春秋』編集発行人。

木村衣有子の作品

ツイートする