フランス人とパンと朝ごはん

著者 : 酒巻洋子
  • 産業編集センター (2016年2月19日発売)
3.31
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863111288

作品紹介・あらすじ

「パンは直置き」「カトラリーは最小限」「クロワッサンは特別な日のもの」
フランス人の朝ごはんは、独特なこだわりと、たくさんの不思議に満ちている!
パリジャンたちの朝ごはんの習慣、しきたり、風景を綴ったフランス食事情エッセイ。

「美食家とも評されるフランス人ながら、日常的に食べている朝ごはんはいたってシンプルなものです。フランスの朝ごはんの内容といえば「タルティーヌとカフェオレ」が代表的。タルティーヌとはパンにバターやコンフィテュールを塗ったもののことで、大抵温かい飲み物と一緒に食べます。と、たった一行でも説明し終わってしまうのが、フランスの朝ごはんなのです。でも実は、このシンプルな構図に隠された切っても切れない間柄には、味わえば味わうほど不思議な妙味が生まれます。フランスの朝ごはんにまつわる話とともに、ぜひ一緒に味わってみませんか?」(「はじめに」より)

フランス人とパンと朝ごはんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝はコーヒー一杯なんですよね、、、こんな風に食事したいね(実はパン好き)。。。

    産業編集センターのPR
    「パンは直(じか)置き」「カトラリーは最小限」「クロワッサンは特別な日のもの」

    フランス人の朝ごはんは、独特なこだわりと、たくさんの不思議に満ちている! 
    パリジャンたちの朝ごはんの習慣、しきたり、風景を綴ったフランス食事情エッセイ。
    オールカラーでお楽しみください!
    http://www.shc.co.jp/book/detail/000905.html

  • 美味しい文章。時折表れるギンガムチェックの装幀も好き。

    少し鼻につく感じはなんなんだろう。

  • フランス在住の著者だから知りえる、フランス人の朝食事情を紹介している。日本人からすれば「それだけ?」と驚くほどシンプルな食事内容。しかし、バゲットの食べ方、ジャムの種類、バターは有塩か無塩か、コーヒーとミルクの割合など、ひとりひとりにこだわりがあって奥が深い。本のデザインがいかにもフランス風で楽しい。

全4件中 1 - 4件を表示

酒巻洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル・ゼヴ...
アレックス・ジョ...
チョークボーイ
エラ・フランシス...
アーノルド ベネ...
恩田 陸
エラ・フランシス...
群 ようこ
有効な右矢印 無効な右矢印

フランス人とパンと朝ごはんはこんな本です

ツイートする