世界を変えた100日

  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.93
  • (33)
  • (33)
  • (30)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 349
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863130500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界を変えた100の出来ごとを大判の写真と共に解説。

    写真が当時の雰囲気や興奮を雄弁に語る!!


    ・ライト兄弟の初飛行
    ・マチュピチュの発見
    ・ピカソも描いたゲルニカ空爆
    ・真珠湾攻撃の重要性
    ・広島原爆投下・・・エノラ・ゲイがリトルボーイを落とした日
    ・エベレスト初登頂
    ・キューバ革命軍勝利時のフィガロ・カストロ
    ・キング牧師の演説
    ・ケネディ暗殺
    ・ビートルズ、バンドを組む(サージェントパパー)
    ・人類初の月面着陸
    ・ウッドストック開催、平和の祭典3日間
    ・ライブ・エイドの開催
    ・ベルリンの壁崩壊
    ・チェルノブイリ原発事故
    ・ネット時代の到来
    ・そして・・・米国同時多発テロ。


    などなど、世界の空気を一瞬にして変えてしまった写真の迫力。

  • ―この年、この月、この日に"本当は"何が起こったのか。―
    1851年の世界初の万国博覧会から、2005年に起こる自然災害の脅威まで、写真が語る真実がここにある。
    帯にある、
    「世界は明日、変わるかもしれない。」
    の文字がなんとも印象深いです。
    自分がまだいない、昔の時代。自分が今、生きている、この時代。どちらもどの時代も、常に歴史は動いているんだなあ。

  • 写真技術の登場以来、カメラが目撃した100の出来事を、「ナショナル
     ジオグラフィック」誌と報道写真の殿堂「ゲッティ イメージズ」
    から選び抜いた写真を元に編集した写真集である。

    パリでの第1回万国博覧会からハリケーン・カトリーヌの爪痕までを
    取り上げており、戦争・内戦や処刑風景などの陰惨なシーンも多い。

    死体がもろに写っているので、グロテスクな写真が苦手な人には
    要注意な写真集だ。

    報道写真と言えばこういった気が滅入るような写真が多いのは
    確かだが、世界の歴史には明るい話題だって勿論ある。

    エッフェル塔の公開、英国ヴィクトリア女王の在位60年記念式典、
    ライト兄弟の初飛行、ウッドストックなどがそれだ。

    取り上げられた出来事や、写真についての解説もあるので、読み物
    としても楽しめる。

    ここで取り上げられている出来事は過去のなのだけれど、そのひとつ
    ひとつが現在に繋がっているのだなぁとも思う。

    写真はやっぱり面白い。あぁ…こうやってまた写真集が増えて行くんだ。

  • 『写真という技術が世に生まれてから
    現代に至るまでの世界の特別な100日』に
    選ばれた写真を掲載した写真集。

    ロンドン万博から始まり
    100日の中で日本は1905年日露戦争
    で登場
    1941年真珠湾攻撃、1945年広島原爆
    の3つが掲載されている。

    第二次ボーア戦争の写真は凄惨なのに広島原爆
    の写真は原爆投下4か月後の小奇麗な親子が
    写っていて違和感を感じました。

  • 日本が少ない。そんなもんか。

  • もう3年出版が遅ければ、東日本大震災は必ず入っていたと思う。

  • 1851~2005年における、選りすぐった100日の写真集です。
    ジャンルに関係なく過去から現代へ写真が連なります。
    百聞は一見に如かず、写真はそれを容易にし、かつ保存します。
    正確な歴史の記録は、人類が作る最大の作品であると思います。

  • 1851年の第1回万国博覧会開催の写真から、
    2005年のハリケーン・カトリーナまでの約150年の間に
    カメラに収められた歴史の瞬間を集めたもの。

    世界の近代史を写真で振り返るとともに、
    報道写真自体の歴史を知ることができる。
    「世界を変えた事件や出来事」とはいいながら、
    アメリカ寄りの写真が多いのは仕方のないことか。
    戦争の歴史、負の歴史が多く刻まれていることが
    人間の性を如実に物語っている。

    色々と興味深いが、もっとたくさん世界を変えた瞬間は
    あっただろうと思う読後感。

    2005年以降なら、リーマンショックと東日本大震災、
    TSUNAMIと福島原子力発電所かな。

    日露戦争もまた日本軍の宣戦布告なしの奇襲で始まったとは。
    インディ・ジョーンズのモデルは、
    マチュピチュを発見した
    歴史学教授のハイラム・ビンガムだったとは知らなかった。

  • 取り上げられている内容で知らないものもあれば、知っていても、写真として視覚的に見るのが初めてのものがあったりした。写真から言葉では語り尽くせないメッセージが伝わってくる。

    一つの写真から伝わるメッセージの威力を感じる。強烈な語りかけは、動画に勝るとも劣らない力を持っている。

    ただ、撮る側のメッセージを強く反映させるための演出行為が写真報道初期の頃からあった事を知り驚く。

  • 1枚の写真は1000の言葉よりも語る。
    1851年の英国万国博覧会から2005年のハリケーン・カトリーナまでのおよそ150年を、歴史的瞬間をとらえた写真と歩む本。

    写真提供はナショナルジオグラフィックとゲッティ・イメージズ。
    ナショナルジオグラフィックは世界の歴史、文化、地理など、地球の一瞬の出来事を見事に写真に収める雑誌で有名です。
    一方ゲッティは今やデザイナー御用達の写真素材を販売する会社で有名ですが、大元は「ピクチャー・ポスト」という質の高い写真を掲載する人気週刊誌で、合併吸収など紆余曲折があり、今に至ることがわかり驚きでした。

    さて、その2社がタッグを組み、厳選した100枚の写真は圧巻です。
    最初は第1回万国博覧会ということで、これから未来が待っているかと思いきや、やはり革命、二度の大戦、恐慌、紛争など血を血で洗う世紀が待っています。
    説明文ももちろんありますが、とにかく写真のインパクトがすごい。
    ピントや構図よりもその場の臨場感を伝えたい、現実で起こっている出来事を知ってもらいたい。ファインダー越しにカメラマンが語りかけてくるような気がするのは言い過ぎではないと思います。

    見た目綺麗な写真が良い写真なのではない。人の心に残る写真が良い写真なのだと改めて思いました。

    もちろん悲劇ばかりではないです。
    ライト兄弟の初飛行。北極到達。エベレスト初登頂。アポロ11号の月面着陸など。人類の挑戦と成功もそこには刻まれています。

    近代の歴史にある程度詳しいほうが、当時の様子をより深く知ることが出来ると思います。

全41件中 1 - 10件を表示

世界を変えた100日のその他の作品

世界を変えた100日 Kindle版 世界を変えた100日 ニック・ヤップ

ニック・ヤップの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
村上 春樹
村上 春樹
伊坂 幸太郎
アゴタ クリスト...
デール カーネギ...
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
スタンレー ミル...
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

世界を変えた100日を本棚に登録しているひと

ツイートする