ロボットの歴史を作ったロボット100

制作 : ナショナル ジオグラフィック  片山 美佳子 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863133624

作品紹介・あらすじ

懐かしのロボットから、最新のロボットまで!人類の友として、敵として、助手として、あの活躍にわくわくしたロボットが勢ぞろい。神話時代の人造人間といった夢物語から、個性的なロボットが活躍するSF作品まで。そして実際に作られた機械人形から、各国が開発するロボットまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロボット(人工知能そのものや、マシン自身が判断して行動するもの、サイボーグや人間が操作するものなど多岐にわたる)について、見開きで写真と解説が掲載されています。
    取り上げられているロボットの多くがSF映画や漫画、文学などの作品上に登場したフィクションのものです。SFやロボット作品がすきだ、という方は特に楽しめるのではないでしょうか。

    ただ、解説はややマニアックな「作品への解説」であったり、著者の個人的なかんそうであったりすることもあるので、専門的な内容や知識を期待して読むと肩透かしをくうかもしれません。

    個人的に、あまり「ロボット」に着目してSF映画を選んだり観たりしてこなかったので、取り上げられているロボットもほとんどわからなかったのですが、それくらいの知識量でも(逆にそれくらいのレベルの方が)写真と解説を楽しく読むことができました。
    「サイボーグ」としてダースベイダーが取り上げられていたり、人工知能ネットワークとしてスカイネットが扱われていたりと、メジャーな作品も言及されています。
    (ただ、やはりマイナーな作品が多い印象ではあります)

    また、実在するロボットとしてAIBOやASIMO、ルンバなども取り上げられていました。

  • ロボットの集大成
    文学映画アニメ
    リアル工学VR

  • 著者はアメリカのアーティスト。
    中国古代の「列子」から現代の実在の(?)ロボットまで100体を語る。絵や写真も。新旧いろいろ。TVドラマ、映画、アニメ。アトムについては、ロボットのスーパースターとベタ誉め。同じようにアイボとアシモもベタ誉め。日本人のロボット感までベタ誉め。

  • 子供向けにオススメされていたが、ふりがなもなく訳文も少し読みづらいので子供に読めるかな?という感じもする。ただ、ロボットがめちゃくちゃ大好きな子だったら楽しいかも。

  • ロボットの歴史です。
    外国の本ですが、表紙はアトムです。
    日本版だけ?
    学校図書館買い!
    でしょう。

    2018/02/20 更新

  • ナショジオの関係者がこんなにアツいロボット愛を見せるとは思わなかった。
    その中に、日本初のロボットがしっかり組み込まれているのがうれしい

  • 教員推薦

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00540122

  • ロボットとは、自力で動き、一定の技術を持って仕事をする人間に似せた機械のこと。今日、ロボットは様々な分野で活躍し、私たちにとって身近なものになってきています。最初の章では、空想上のロボットの世界を探索し、現実のロボットがどこまでそこに迫っているかを見ていきます。後半の現実のロボットの章では、人類の発明の歴史をたどり、現在家庭や職場で働いているロボット、未知の領域に達しようとしているロボットまで紹介しています。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
リンダ グラット...
フィル・ナイト
トーン テレヘン
ピエール ルメー...
佐藤 雅彦
村田 沙耶香
佐々木 圭一
ヨシタケシンスケ
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする