河江肖剰の最新ピラミッド入門

著者 :
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863133631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピラミッドは神秘であり、謎であり、ロマンである。一般の人間にとっては、そんなふうに、あくまで印象的にしか捉えられていないと思うが、現代のピラミッドに対する研究の姿、様子を、わかりやすく、かつ情熱をこめて説明している。エジプト学と考古学が違うものだということも知らなかった。ピラミッドの研究が、今は、考古学だけではなく、物理学や数学、建築学といった様々な学問領域の角度から複合的に、研究者がチーム体制を組んでなされている、ということもよくわかった。また、一番驚いたのは、実はピラミッドの石組みの構造が、よくわかっていないどころか、そもそも詳細に計測されたことがなかったという点。TV番組とのタイアップで詳細なデータを取る機会を得られたというところまでで、その研究結果がまとめられたかどうかはこれからというような終わり方をしているが、どんな結果がわかるのだろうか、とても興味がわく。筆者の、情熱によって、努力によって研究者になった経歴も魅力的で面白かった。

  • カラーを含めた写真と図が多く、まさに入門書。私のような初心者には、とっかかりとしてちょうど良いと思った。
    なお、タイトルにも著者の名前が入っているので、この業界では有名な人なんだろうと思って読み進めていたら、テレビ番組の「世界ふしぎ発見」のピラミッドの回に出演してた人で、偶然にもその回を観ていたのだった。
    あと、ピラミッドの話だけでなく、著者がなぜピラミッドに魅了されたのか、今までどういう人生を歩んできたのかまで紹介されていて、著者の人となりがわかるところも面白かった。
    続編発刊を強く希望する次第。

全2件中 1 - 2件を表示

河江肖剰の最新ピラミッド入門のその他の作品

河江肖剰の作品

ツイートする