世界をまどわせた地図 伝説と誤解が生んだ冒険の物語

制作 : ナショナル ジオグラフィック     関谷 冬華 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.60
  • (10)
  • (11)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 470
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863133914

作品紹介・あらすじ

本書で紹介する国、島、都市、山脈、川、大陸、種族などは、どれもまったくの絵空事だ。しかし、かつては実在すると信じられていたものである。なぜだろう?それらが地図に描かれていたからだ。神話や伝承として語り継がれていたものもあれば、探検家の間違いや誤解から生まれたものもある。なかには、名誉のため、あるいは金銭を集めるための完全な"でっち上げ"すらある。そのような幻の土地や国、島々は、20世紀の地図にもたびたび登場し、現代のグーグルマップにまで姿を現した。130点を超える美しい古地図と貴重な図版・写真とともに、人々を翻弄した幻の世界を読み解いていこう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本で紹介するのは、実在しない未知の領域、
    幻の島の経緯と検証。そして、それらが載っている古地図。
    蜃気楼や雲、氷山等の自然における見間違いだけではない。
    地図制作者の誤記はまだしも、余白恐怖症とは?
    政治や信仰での主張、名誉欲、願望、詐欺といった
    人為的な、生臭い理由もたっぷりと。
    支援者等の名前を存在しない島に付けたというのも・・・
    ピープス島なんてのもある。
    (サミュエル・ピープス、知ってたかな?)
    まさに、世界を惑わせた地図!
    しかし、地理、地誌、民族、生物等の描写の素晴らしさ、
    創造性には驚かされるものがあります。
    世界地図帳を傍らに置いて、場所を推測するのものも
    楽しかったです。

  • 古地図がたくさん!
    しかもカラー!
    どれもとても美しく(幻獣が描かれていたりするのもまたいい)、見ているだけでも楽しい。
    更に文章で倍楽しい。
    まー、出るわ出るわ、存在が信じられていた山、川、島。
    地殻変動でなくなったと思われるものもあるが、ほとんどは勘違いか意図的な嘘。
    案外最近まで正されていなかったものもあり、現代でも絶対に正しいと決めつけてはいけないのだなぁと思う。

    「アリストテレスの時代から、ヨーロッパでは、南半球のほとんどは広大な大陸で占められていると信じられていた。(中略)地球が安定するためには、すでにわかっている北半球の陸地と重さの釣り合いがとれるように、それに匹敵する重さの大陸が南にも必要だと考えられたのだ。」

    わかる。気持ちはわかるよ、信じていた人達!

  • 地図にだけ存在する場所、、、行ってみたい ← 普通でも迷うのに、どうなるかな?

    日経ナショナルジオグラフィック社のPR
    本書で紹介する国、島、都市、山脈、川、大陸、種族などは、どれもまったくの絵空事だ。
    しかし、かつては実在すると信じられていたものである。なぜだろう?
    それらが地図に描かれていたからだ。

    神話や伝承として語り継がれていたものもあれば、探検家の間違いや誤解から生まれたものもある。
    なかには、名誉のため、あるいは金銭を集めるための、完全な“でっち上げ”すらある。

    そのような幻の土地や国、島々は、20世紀に入ってからも地図にたびたび登場し、さらには現代のグーグルマップにも姿を現した。

    地図の幻を追う冒険の旅へ、いざ出発しよう。
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/17/071900027/

  • 人類は紀元前の昔から、自分たちの知り得た土地を視覚化すべく地図を作ってきたが、その中に様々登場し、消えていった「幻の土地」たちの列伝。

    全部で58の、かつて地図上に存在した幻の土地、島、山、川、海、都市・・・がその地図と共に紹介されていく。
    このような幻の土地が現れる理由はおおむね下記のパターンのようだ。

    1.純粋な誤認、誤解(海上で蜃気楼や雲を島と見間違える等。最も多い)
    2.当時としては合理的な推測に基づく「あるはずの土地」(川の源流に大きな山脈があるはず・・・等)
    3.「あってほしい」という願望に基づく推測(大西洋と太平洋を結ぶ北米の海路等)
    4.冒険家らが自らの業績を謳うために行われた虚偽の発見報告に基づく土地。
    5.人を騙す目的で騙られた架空の土地。
    6.神話、伝説、伝承に基づく土地。

    最初のうちは様々な架空の土地の経歴を読んでいくのはとても愉快な経験である。しかし途中から如何にもマンネリ化してくるのは否めない。上記1のパターンが特に多いし。
    大判な印刷で、良質の紙にでかでかと何十枚も掲載されている古の世界地図の図版が最大のウリだろうか。眺めていても美しく楽しい本ではある。

  • ★4.5
    何故に古地図はこんなにも好奇心を刺激し、ロマンを感じさせてくれるのか。かつては地図に記載されていたものの、実際には存在しない国や島、都市や山脈等に焦点を当てた1冊。幻の国や島が出来てしまった経緯は、長く航海をしていると起こる蜃気楼による幻視から、意図的に詐欺を働く悪質なものまで様々。が、伝聞による未知の世界への興味、真実を確かめるための航海、そんな飽くなき探求心が本当に素晴らしい。そして、掲載された古地図がすこぶる綺麗で、いつまででも眺めていられる。現在の最新地図にも幻が掲載されているかも?

  • 政治・宗教的思惑、知識・技術不足による勘違い、自然現象、願望、虚栄心、権利主張のテクニック、余白恐怖症などによって生まれては消えた、幻の土地。それはサンディ島のように21世紀の今日になってもなお現れる。ロマンが無くなったわけではない、あったことがロマンなのだ。

  • 正確に地図を描くことがいかに大変か、そしてそのスキにウソをねじ込むヤツのなんと多いことか。

  • 2018.01.22 Facebookのタイムラインより
    2018.02.09 84zume Worksより

  • 2階集密書架 : 290.9/BRO : 3410162051

  • 幻に大陸、幻の島、幻の国。それらが、地図に載ってしまう。単なる勘違い、見間違い、希望的観測、欲望等々の理由がる。この本には、知らなかった島とかが載っていて興味深い。でもアトランティスとかは有名だけど、「そんな島聞いたことないよ」というのもあるんだろうな。

全21件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ジェイムズ・P・...
恩田 陸
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
ヴィクトール・E...
アンジェラ・アッ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界をまどわせた地図 伝説と誤解が生んだ冒険の物語を本棚に登録しているひと

ツイートする