天空の地図 人類は頭上の世界をどう描いてきたのか

制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.59
  • (4)
  • (13)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 376
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863134065

作品紹介・あらすじ

人類は頭上の世界をどう描いてきたのか。神のすまう世界から、無人探査機がデータ収集する惑星まで、手の届かない世界を想像し、見つめ、描き出してきた物語。神秘と数式が織りなす天の像を、美麗な絵画・画像200枚で読む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 即買いしたいけど、、、4月分くらいまで使っちゃってるから(プチ断食では追いつかない)。今は辛抱我慢耐えるのだ。。。

    日経ナショナルジオグラフィック社のPR
    夢想と数式が織りなす天の像を、美麗な絵画・画像200枚で読む。

    神の住まう世界から、無人探査機がデータ収集する惑星まで、私たちはこんなふうに、手の届かない世界を想像し、見つめ、描き出してきた。

    天動説vs地動説、アラビアからやってきた星座の教科書、天の川を蛇で表現したマヤ人、世界各地で描かれた超新星爆発、アストロラーベを再現した元祖仕掛け絵本、3600年前の天文盤など。

    *アン・ルーニー著『地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)の姉妹編。
    http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G13400.html

  • 天空の地図
    は、これまで人類が宇宙をどう考えてきたか、を描いた本です。
    ガリレオ・ガリレイでさえ!
    太陽系の惑星が楕円を描いていることを信じていなかったのです。
    しかもビジュアル的にとても美しいものが多いので、眺めていて飽きません

    2022/02/17 更新

  • 見るだけで楽しい。

  • 本日11/19、月食が起こります。月の97.8%が欠けて見えるそうで「ほぼ皆既」の部分月食ですね。

  • NDC(10版) 442 : 実地天文学.天体観測法

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/
    図書館・請求記号 442/R67//

  • 6000年前から現代までの宇宙観ダイジェストを一気見できる。
    図版が多いので絵本的に楽しめる。

  • ふむ

  • 1つ1つにもう少し掘り下げがあってもよかったのではないか。

  • 科学道100冊 2020 「宇宙フロンティア」
    【所在】図・3F開架 
    【請求記号】440.2||RO
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/volume/452190

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アン・ルーニー(ANNE ROONEY)
ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号を取得。ヨーク大学、ケンブリッジ大学で教鞭をとったのち著述業に。歴史・哲学から科学テクノロジーまで幅広い分野の入門書を多数、手掛けている。ケンブリッジ在住。ケンブリッジ大学ニューナム・カレッジのロイヤル・リテラリー・ファンドのフェロー。

「2018年 『自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アン・ルーニーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×