螺旋人リアリズム ポケット画集

著者 :
  • イカロス出版
3.85
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863201507

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の新刊コーナーにあったのを借りてきた。以前、マルジャン・サトラピの『ペルセポリス イランの少女マルジ』 をリクエストしたら漫画だからダメ(漫画部分が主だから)と所蔵本に加えてもらえなかったばかりか他館からの取り寄せもしてもらえなかった。私は図書館にもあってしかるべき本だと思ったものだが。
    なのに、なぜこの本は図書館で購入したのだろう?
    こういう本を描かれることは自由だし、読むのもまあいいだろう。でも、露出が多くアダルトな作風が目立って私は読んで(見て)拒否感を持つ類の 本で公共の図書館にはいかがなものかと思えたのだけど。(個人的に気に入って購入して読む分には構わないが。それは自由。)
    と、判然としない気持ちになったのでした。

  • 画集の名に恥じない魅力的な小品集です。ショート漫画もあります。メカと女性の絵も良いですが、動物の絵が個人的にかわいくて好きです。

  • 眺めてるとお絵描きしたくなる一冊。89ページの券売機、懐かしくてたまらない……!

  • じっくり楽しめるイラストがいっぱい。

    添えられた文章も併せて、堪能させていただきました。

    装丁が簡素というか、ぶっちゃけ安っぽいのも螺旋人さんの趣味かと思えるくらいマッチしています。このチープさが大好きです(ええと、力いっぱい褒めたつもりなのですが……)

  • 収録された絵自体は、同人誌で既出のものが多く、初見の絵は少なかった。しかし、ポケット画集という体裁はとても好きだ。

  • 卓上ゲームやミリタリー関連で、活躍中のイラストレーター、速水螺旋人さんのイラスト集。
    題材は、ファンタジーだったり、スペースオペラだったり、ピカレスクだったり、戦争ものだったり、ソビエト連邦だったり。

    架空の世界を描きながら、華やかな大冒険ではなく、その架空の世界の衣食住を地に足をつけた視点で、描いています。
    見てると想像力がわいてくるイラストが満載です!!。

    「このエルフ、外見は、老化しないけど更年期障害になりそう」とか(そんなこと、まったく書いてないよ!!)とか「この兵器を作った設計者の上司は『ガーッとエクセレントで、バーンとストロングな(以下略)』な口調の人なのかなあ」と思ったり(そんなこと、まったく書いてないよ!!)「この酒場のイラストのモブキャラ、この間D&Dで、遊んだ時の俺のPCじゃね?」と思ったり(そんなこと、まったく書いてないよ!!)
    頭の中で、いろんなものが湧いてきます。

    ファンタジーを見つめなおすには、うってつけ。
    ラセンジーニストは、即買うべし!!

全6件中 1 - 6件を表示

速水螺旋人の作品

ツイートする