旅客機の一生物語 (イカロス・ムック)

  • イカロス出版
3.29
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863207066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文字通り、旅客機の企画からスクラップまでの、
    一生が書かれていました。
    車のように、レディーメイドに近いので、
    買われて、使われて、不要になると中古として市場に出て…。
    ただし、大きさも値段も大幅に違ので、
    車のようには…というのがよくわかりました。

  • 一気に読める。

  • マニアックだが、退役後の機体の活用などの話もあり、面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

軽飛行機の操縦資格をもつ旅客機専門の航空写真家。国内外の航空会社に勤務後、2001年より航空写真家として独立。おもに国内外の航空会社、空港などの広報宣伝写真撮影、航空雑誌の撮影、カメラメーカー主催の航空写真セミナーの講師などを行っている。旅客機が撮れるところなら世界中どこでも撮影に出向き、これまで100を超える国や地域を訪れ行った空港は500か所以上にものぼる。世界でもっとも多くの航空会社に搭乗した「ギネス世界記録」をもつほか、旅客機関連の著書、写真集は20冊を超える。Canon EOS学園航空写真教室講師。2016年伊勢志摩サミットVIP機公式記録カメラマン。

「2017年 『ツウになる! 世界の政府専用機』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャーリィ古庄の作品

ツイートする