越天の空 (下)

著者 :
  • イカロス出版
3.60
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863208773

作品紹介・あらすじ

日宇皇国は空中空母"八洲"を唯一の領土とする国家。かつて外敵の侵攻を受けて本土領土を失陥し、空中に逃れた"大空の皇国"である。焔宮絢子は、地上に領土を持たない日宇皇国の第三皇女。年若く美しい皇女は、権謀術数渦巻く国際政治の舞台に乗り出し、諸国を巻き込んで仇敵ウルティア連邦との大陸間戦争に臨む。唯一の「私物」たるパイロット・飛来越天を駆る焔宮は、日宇皇国本土を奪還し、その再興を成し遂げることができるのか-!?仮借なき大陸間戦争に身を投じ、祖国の奪還と再興を図る美しき皇女と戦乙女たち!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すいすいと読める文章の中にふいに仕掛けられた戦略級の大転換の楽しさ。主人公達の愛憎依存関係は実際ヘヴィだったけど、無双なカタルシス中心から一気に最大のピンチ、そしてスッキリ終わる結末と一気に読ませる。

  • 大陸を賭けた大戦争というより、終始、越天と焰宮の戦争だった。戦争が生んだ才器、ということなのだろう。上巻の不安定な越天はどこへやら、だからかキャラが薄く感じた。
    基本的には、何かイベントがあってから、あれこれと後付けで説明する構成なので、良くも悪くも、小説というより戦争史を読んでいる感覚。

全2件中 1 - 2件を表示

地雷魚の作品

ツイートする