発想をお仕事にする人の発想術―活躍する70年代生まれの11人のクリエーターたち

著者 :
  • 春日出版
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863211612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話聞いてるだけって感じ。各仕事内容もよく見えないし、タイトルのワリにそっちに寄りと感じる部分も少ない。

  • IT系がいない・・・のはちょっと淋しいところですが、
    パティシエや料理人、ファッションデザイナー、落語家など、「発想」っていうキーワードと普段結びつけて考えない職業のかたのメッセージが掲載されてて面白かった。

    こういうインタビューな本、作りたいな。
    この本で立ててる質問は微妙に感じた。なんていうか引き出せてない感じがする。

  • 思ったよりだったかな。そこまでなるほど!って話はなかった

  • 【No.70】「文字にする作業は非常に重要。ひらめきは、そのときはすごくいい!と思うけど、次の日になると意外と忘れていたりする。だからひらめいたことは、その場で書くようにしている」「本棚は人柄が出る。他人の本棚を見ると、なんとなくその人の人柄が伝わってくる」「アイデアは、インプットがないかぎり、アウトプットできない。つまりアイデアを見つけるということは、どのぐらいいろいろなものをインプットしておくか。そうしたら何かのきっかけでパッと思いついたりする」

全4件中 1 - 4件を表示

岡本象太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする