忙しいビジネスマンが3ヶ月でフルマラソンを完走する方法

著者 :
制作 : 瀬戸口智彦  瀬戸口智彦 
  • 木楽舎
3.29
  • (1)
  • (10)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2年前、まさにこれを読みながらトレーニングしてフルマラソンを走りました
    タイトルそのままに3ヶ月間のトレーニング法が書かれているんですが、1番の肝は走るための意識改革で、その事に実に最初の1/3を費やし、更にトレーニングメニューの合間でもところどころにその事が書かれています
    日頃からなんとなく感じている想い(この場合『いつかはフルマラソン走ってみたいな』という漫然とした気持)を如何にして確固たる決意にするのか、そしてどうやってそれを成し遂げるのかを、マラソンという例を用いながら述べている本です

  • 私自身は30歳前後の頃にマラソンを走っていた時期がありました。
    現在48歳、もう10年以上運動らしい運動もしておらず、最近は
    家族から「メタボ」と呼ばれるようになっていました。
    なんとかしなくては、と再び走り始めることを考えていたところで
    この本に出会い、ストレートなタイトルが気に入って購入しました。

    「計画をしっかり立て、強い意志を持って実行すれば、高い壁でも
    乗り越えられる」ということを筆者の実体験を基に、力強く訴えか
    けてくれる本です。
    筆者の強く暖かいメッセージのおかげで、もう一度走ろう、頑張って
    みよう、という気持になったことで、私にとっては星五つです。

    もう一つ、マラソンのトレーニングを行う上で大切なエッセンスを、
    平易なことばで伝えようとしている点でも優れていると言えると思
    います。
    但し、「一気に読ませて伝える」ということに力点を置いているの
    で、体力・運動経験レベル別のトレーニングプランなど、きめ細い
    内容はありません。
    経験者ならば「なるほど、こういう伝え方があるのか」とポンと手
    を打ちたくなる表現も光るのですが、初心者がトレーニングプラン
    を立てるには、もう少し助けが必要かもしれません。

    ただ、やはりこの本の価値は、マラソンを走ったことがない人のハー
    トに、「私も走ってみよう」という灯をともす力にあると思います。
    マラソンに興味を持ちながら迷っている人、不安を覚えている人は
    ぜひ読んでみてください。きっと背中を押してくれます。

  • ランニングブームも、ついにここまで来たかという感じです。
    ビジネスと絡めてマラソン完走を指南しようという、かなり”トンデも本”の部類です(笑) いや、でも、言ってることは、極めてまとも、真面目な内容ですが、トレーニングにくじけそうになった時に「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、 それは成功になる」って、松下幸之助の言葉を引用されてもなぁ~(^^;;

  • 知りたかった部分が詳細に書かれていてすごくよかった。
    もう少し早く出会いたかった。

  • 同感

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ラーニングエッジ株式会社代表取締役

「2014年 『一瞬で「最高のリーダー」になれる40の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

忙しいビジネスマンが3ヶ月でフルマラソンを完走する方法のその他の作品

清水康一朗の作品

忙しいビジネスマンが3ヶ月でフルマラソンを完走する方法を本棚に登録しているひと

ツイートする