動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

著者 :
  • 木楽舎
4.01
  • (229)
  • (316)
  • (181)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 2351
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最新の生物学ってずいぶんと変わってきたんですね。

  • 動的平衡という言葉自体は概念として理解できても具体性に乏しい。
    個々のトピックは新鮮で面白いが著者のロハス的嗜好が少し目立つ。
    ・消化は情報の解体
    ・分子生物学的太らない食べ方「ゆっくり食え」
    ・遺伝子組み換え、再生医療への懸念
    ・プリオン説への疑義

  • 「生物と無生物のあいだ」のほうがずっと面白かった。雑誌の再編だからなのか。

  • 面白かった。
    最初の青いバラの下りが、イメージとしてだけではなく、とてもよく理解できた気がした。
    部品で成り立っているだけでなく、構成要素だけでない何かが影響しているとするなら、結果環境の一部でしかない。
    そうすると自己という存在意義についてどうにか自分で考えなければいけないですね。
    あと、異種なもので、生殖が不可能な理由とともに、なぜ共食いが忌避されるかが納得できた。消化器官が体の中でないというのが理解できた。
    「トリセツ・カラダ」を読んでいたのも、この本を理解する上ではとてもよかった。

  • なんか最後らへん読んでてすごいハガレンを思い出したwww
    なんか「全は一、一は全」みたいな考え方とか、アームストロング少佐が言った「破壊の裏に創造あり!創造の裏に破壊あり!破壊と創造は表裏一体!!」とか、あとイズミの「円は力の循環」とかまんま同じようなことが書いてた

    とりあえず、コラーゲンとかはアミノ酸に分解されて吸収されて、それがまた体内のコラーゲンの原料になるわけじゃないらしいんで、コラーゲン摂取したからって肌がプルプルとかになったりしないらしいですよ。なった気がするのはプラシーボ効果的なものみたいです。

  • 生命とは、絶え間無い分解と再構成を繰り返すダイナミズムの流れなのだと、その流れは生命が誕生した38億年前から連綿と続いてきたものであり、僅か数百万年の歴史しか持たないヒトが触れるべきものではない。私達人類は、この奇跡の地球システムの中で生かされているということを改めて考えないといけない。

  • 解剖・生理を学んでいるときに読んだので、サプリやダイエットの項目など楽しく読めた。読めば世界が変わって観えると書いてあったが、まさしくそうである。

  • ★2012年SIST読書マラソン推薦図書★

    所在:展示架
    資料ID:10900356

    本を読んで読書マラソンに参加しよう!
    開催期間10/27~12/7 (記録カードの提出締切12/13)

  • 分子生物学を福岡先生を通してわかりやすく説明してくれる本。ユーモアあふれる人で、幾つかの実験結果から、生物って本当はこーゆーもんじゃないのかな。と、少し哲学的な面も含めて言っています。

    人によっては突っ込みどころ満載かもしれませんが、個人的には面白い解釈にとらえて、楽しんで読めました。

  • 輪廻転生は生物学でも証明されたということでしょうか。ここにあるわたしは3か月前の私とはまるで入れ替わった物質でできている。いいもの摂らなくちゃ(笑)。そうやって入れ替わっているわけだけど、記憶やある刺激に対する反応が残るというのも不思議。

全295件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする