動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

著者 :
  • 木楽舎
4.01
  • (229)
  • (316)
  • (181)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 2352
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240124

作品紹介・あらすじ

生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである。読んだら世界がちがってみえる。哲学する分子生物学者が問う「命の不思議」。今まで体験したことのないサイエンス・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても興味深く読みやすいので一気読みしました。
    お馴染み福岡ハカセによる最新の生物・生命論を、一般人にもわかりやすくまとめたコラム本です。本題のごとく「生命」とは動的平衡=絶えず流動しながら均衡を保ち続けるものであると、様々な事例を引きながら興味深く論じています。
    より興味深かったのは、記憶は脳がいま作り上げたものである、年齢を重ねるごとに時間や月日が経つのが早く感じるのは逆に体内時計=細胞の新陳代謝が遅くなっていくのに比し物理時間は変わらないから、人間の脳は乱雑なものにもパターンを見出そうとする、コラーゲンなど非・必須アミノ酸は集中的に食してもタンパク質は結局アミノ酸レベルに分解・吸収され別のタンパク質に作りかえられている、体重増加はシグモイド・カーブを描きゆっくり食べる方が太らない、などなどです。
    また、病原体との戦いの章はスリリングでとても面白かった。ミトコンドリアは本来の細胞ではなく、別の生命体細胞を取り込んだ結果、共生しているものである(どこかで聞いたかもしれない)という話も興味津々でした。
    デカルト?の生命機械論が発展して、ES細胞やら臓器移植が進展しつつある世の中で、筆者は生命の「動的平衡」による揺り返しをとても危惧されています。いわく、生命は分子の「淀み」であり、「身体」は環境が通り過ぎているだけだと。人間の身体は摂取したタンパク質等によって絶えず新しい組織や細胞に置き換わりその中で均衡を保っているんですね。
    最後の象の話はとても感動的でした。

  • よく考えたら、ものを食べて分解してそれを自分の一部に変換するってすごいことですよね…。
    「生きている」ということが全ての出発点だなと思いました。まさに命あっての物種。当たり前のことなんですけど、ちゃんとその意味を認識してなかったなー。
    あらゆる頁がおもしろかったので、しばらくしたらまたゆっくり読み返したいです。

  • 分子生物学者・福岡伸一ハカセの生命をめぐる論考。
    ざっくりとトピックを書き出すと、こんな感じ
    ・人類という種を定義する際に頻出する「思考」や「認識」とは、どういうメカニズムなのか
    ・身体の構成という点で、食事とは何かを分子生物学的な視点から
    ・身体を構成する細胞について/生命の設計図である遺伝子について
    ・「分子の淀み」としての生命、機械論的解釈からの脱却"動的平衡"

    面白かった
    理系的、分子的・生物学的知識がほとんどない私にとっては、悉く目から鱗状態。
    いやーよくできた話すぎて眉唾ものに思えるくらい笑
    自分個人の生ではなく人類・生物全体としての生を考える視座はあまり触れたことがなかったので、新鮮でした。

  • この本の面白さは、細部に徹底的にこだわりながらも、「生命とは何か」という巨大な問いかけからの視線を失わないところにあるのだと思う。最終章「生命は分子の『淀み』」は論考でありながら詩的でさえある。

  • Γ私達は、食べたもので出来ている。」ロハスが好きな分子生物学者は、なかなか染みることを言うなと目からうろこでした。節約と称して食費を削り、粗悪なものを食べて、からだの一部とすることに異義を唱える点は、女優さんやモデルさんが言うより、よほど説得力がありました。文系の人にも読んでほしい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「粗悪なものを食べて」
      しまわないように、TPPを阻止し、遺伝子組換に反対します。。。
      そんなコトが言いたいんじゃなくて、 福岡伸一の審美眼...
      「粗悪なものを食べて」
      しまわないように、TPPを阻止し、遺伝子組換に反対します。。。
      そんなコトが言いたいんじゃなくて、 福岡伸一の審美眼も素敵です。
      2013/01/23
  • 生物学の本なのに、どこか詩的でファンタジーを思わせる語り口。
    理系の方でなくとも引き込まれる。
    福岡先生の本を読んでいる方にとっては、情報がかぶっているところがあるので、物足りなさを感じるかもしれませんが、専門的な話を物語のようにまとめる表現力に脱帽!

  • 生物と無生物のあいだの著者、福岡伸一さんの本。
    雑誌の連載コラムらしく、複数のテーマが短い章で取り上げられてます。
    文章が文学的で、読み物としてオススメ。
    大学のとき、"バラバラにしたヒヨコの細胞とヒヨコの違いって説明出来る?"って授業で聞かれたことを思い出した。
    お気に入りはES細胞の章で、胚をバラバラにして培養してる時の記述。
    その細胞は、周囲の細胞とのコミュニケーションを絶たれているので、自分が何になるべきかわからず途方に暮れている。
    …ひとりぼっちの細胞がシャーレの中で途方に暮れているところを想像して萌えた。キュンキュンした。

    そんなわけで、生命とは物質ではなく、物質が起こす現象なんだと。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「文章が文学的で、読み物としてオススメ。」
      福岡伸一の人柄が出てる感じですね、、、
      「文章が文学的で、読み物としてオススメ。」
      福岡伸一の人柄が出てる感じですね、、、
      2013/05/02
  • 生物を構成する分子は日々入れ替わっている。
    私たちは、自分は自分だ、自分の身体は自分のものだ、という風に確固たる自己の存在を信じているが、実はそれは確実ではない。人間の身体はタンパク質などの分子で構成されている。しかし、その分子はずっと止まっているわけではなく、分子は絶え間なく動き、分解と合成を繰り返している。細胞は日々交換され、一年間の自分と今の自分は分子的に全く別物である。
    つまり、人間の身体は分子の「淀み」でしかない。ほんの一瞬しか“私”は“私”たりえない。生命とはその綱渡りのような微妙なバランスの上にある。それが生命であり、その分子的に動的な平衡状態が、自己を支えている。
    動的平衡とは、移ろう分子を差すのだ。
    では、タンパク質の集合体である肉体になぜ「いのち」が宿るのか。
    本書はそれは何なのか、それに対して私はどうふるまうべきなのか、を問いただした哲学的分子生命論である。

    また、生命の背景にある時間の概念は、どのように移り変わる分子と関係しているのかを考える。

    青い薔薇の不可能性を語る導入部の鮮やかさもさることながら、あまりに身近過ぎるが故に見落としがちな「身体」について、各節で様々な例を上げて“気づき”の視点をくれる。

    人間とは、一本の管である。という指摘はまさに感銘であった。
    口から入った食物は、胃に入ってもなお「体外」にある。つまり消化し、吸収するまでは厳密に体内に入ることにはならないと言っているのだが、その営みが無ければ、人間の身体はただ口から尻まで一本の穴が伸びている以外の何物でもないというのだ。この点でミミズと人間に何の差もない。分化している以外の違いなど原始的なモノと何も変わらないのが人間なのだ。


    生命の存在性の話も非常に興味深いものがあった。前述通り、人間の身体は分子の塊だ。そしてそれは移り変わって常に「淀み」の状態となっている。では、自我はどこに宿っているのか?
    行き着く当然の疑問は、精神論にも近い。
    著者は自我論においてデカルトの「罪」を挙げて論じている。
    哲学的な思考に、生物学的(あるいは分子的)な思考が加わると、自我の「居場所」はさらに流転する。


    それ以外にも多くの記述があり、どれも面白い論である。


    生物学に興味があるけどお堅い理系本はちょっと、という方が読むのには最適。
    この著者の著作から入るときっと楽しめるだろう。

  • これまでの福岡さんの著書と比べるとワクワク感が自分には足りなかった。
    自分のよく知る分野の話だったからだろうか。

    ただ生命科学の話を分かりやすく、面白く書く福岡さんの文章力はいつ読んでも勉強になる。

    示唆に富むのは以下


    「全体は部分の総和ではない」

    仕事柄、もれなくだぶりなく(MECE)に分けるなんという作業をするが、分けることによって失われる何かがあるかもしれないというのは視点としてもっていたい。

    生物にとっては当たり前のことだが、ビジネスにおいても忘れてはならないと思う。
    不採算事業をカットすることによって事業全体も悪くなったなんていい例かもしれない。(通常ならよくなるはず)

    その原因は仲間を切られることによる社員の士気の問題かもしれないし、他の事業部との見えない交流による創造性の向上なのかもしれない。

    1+1が3以上になる場合において、その1を切ることは2を切ることにつながるかもしれない。

    そんなことを考えた1冊でした。

  • 人間を形成する"流れ"を様々な角度から


    解説していて


    これまで思っていた常識が覆ったことも


    ちらほら書いてあって


    新たな発見ができて


    面白かった。

  • 面白いと言う評判を聞いていた本書を書店で見かけたので購入
    第1章から4章は特に面白く、脳にかけられたパターン認知のバイアスが自分たちの記憶を繋げて形成しており、おそらくだが全く同じ記憶というものも存在しないだろうし
    自分がみている世界そのものも、自分が今まで生きてきた中で経験される観点からでしか物事が見れないだろうと推察を与えてくれた
    同様に人間は自分の食べた物の栄養素でできており、体の構造を理解していないと巷のマーケティングに騙されるだろうし、本書には書かれていないが今後の食文化においてもより安心・安全が消費者に伝わり価格が設定されているものが良しとされる世界になるかも知れない
    特に1章は好きだ。非常に面白かった。脳のバイアスがどう構成されているか、といった部分には興味があるかも知れない

  • 生命とは絶え間ない流れの中にある動的なものである。
    人間は食べたもので形成されている。
    アミノ酸アイソトープでその代謝は、3日間であることがわかった。
    動的平衡の意味がわかってきた。

  • 志村氏推奨

  • おそらく、難解なテーマの内容が、簡潔な文章で書かれており、とても読みやすい。
    理解できた気になってしまうのが怖い

  • 生物学に疎くても入り良くて読みやすく、内容と同じくらい文章そのものがタイトルを現しているように感じた

  • つまらない。くりかえし。

  • 1

  • あとがき読んでわかったけど、「ソトコト」に連載していたものを加筆してまとめたものなのですね。章間のつながりが少し唐突な感じがするのはそのせいか。

    「生物と無生物のあいだ」もそうだったけど、動的平衡、を説明するのにとことんミクロ系生物学を例に出すのはやはり分子生物学者という背景によるものなんでしょうね。たぶん、生態学者が書いたら違うレイヤを例にして同じ話を紡ぎだすでしょう。

    そういう意味では自分にとってはフラクタル構造を再認識させられることになる著。

  • 2019/1/4 詳細は、こちらをご覧ください。
    『あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート』 → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1240.html
     
    2012/5/5 予約 5/23 借りて読み始める。6/8 読み終わる。

    分子生物学者・福岡伸一の本は、これまで数冊読んでいます。

    先日、氏が自ら監修を務める『フェルメール 光の王国展』を見に行きました。
    一緒に行った友人が、この本も面白いと薦めてくれたので、読んでみます。

     ⇒ http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1367.html
    2012/5/5「フェルメール光の王国展と銀座歩き」 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    めも 
    記憶とは、過去を覚えているのではなく
     今 「想起した瞬間に作り出されている何ものか」である。 o(*'o'*)o
    それは、細胞と細胞が作る神経回路の保持され、刺激が加わると強化される。
      何度も同じ昔話をしていれば忘れない・・・(^o^ゞ;

    年をとると1年が早く過ぎるのは?
     加齢とともに 新陳代謝速度が落ち、体内時計はゆっくりと回ることになる。
     それで 実際の時間の経過に、自分の生命の回転速度がついていけない! から・・・。

    人はなぜ「錯誤」するか? それは脳にかけられた「バイアス」。
      「見える人」と「見えない人」 <== バイアス 空耳、空目・・・
     神経回路は、生まれてからの環境との相互作用の結果の脳の合目的性で 個人的なものとなっていく。

    「太らない食べ方」、ドカ食いとチビチビ食いでは?
    チビチビ食いのほうが太らない (*^_^*)♪

  • とくになにも…

全295件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのかを本棚に登録しているひと

ツイートする