おべんとうの時間 2 (翼の王国books)

  • 木楽舎
4.27
  • (59)
  • (50)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 414
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240483

作品紹介・あらすじ

おべんとうハンター阿部夫妻が出会った39人の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろんな職業の方39人のお弁当の写真が載っています。
    それからその方のお話。
    39通りの生きざまがあって参考になります。

    お弁当からその人が垣間見えるっていいですね。
    作ってもらってる場合は、みんな感謝の気持ちも忘れてない。
    それっていいですよね。

    どのお弁当もみ~んな美味しそうでした。
    (1)も早く見てみたい。

  • 機内誌での連載のため、待ち望んでいた続編。

    前作と同様、リアルなお弁当と、たった1ページの文章だけなのに
    そこに厚みとあたたかさがあって、びっくり。

    読みながら、自分が実際に機内で読んだ話が出てくると、
    そのときの自分の旅の思い出もよみがえります。

  • それぞれの弁当にそれぞれの物語があって、
    相変わらず面白いと思う。
    ただ、夜に読んではいけない。

  • お弁当写真集。
    空腹時に読むべからず。
    ※レシピ本ではありません

  • 日本全国、いろんな人が、いろんなことをして働きながら、いろんな場所で、いろんなお弁当を、いろんな思いで食べている。この本には、その人の写真と、美味しそうなお弁当の写真と、お弁当を食べながらその土地の言葉で語られるその人の人生が載っています。
    あたたかくてとってもいい本です。

    ただ、読んでいると、たとえ自分がお弁当を食べた直後であっても、おなかがすきます…

  • あ~、やっぱりいいなあ。1に続いて2もとってもいい。なんでこんなにじーんとくるんだろう。

    やたら食べ物にこだわる風潮が好きではない。「食」って本来いつものこと、普通のことのはずだ。ここに出てくるお弁当は、取材されるからちょっと頑張っちゃいました、という感じも含めて、普段の姿が見えている気がする。そこがいい。

    写真も味わい深いが、文章が本当にうまい。それぞれの人の声が聞こえてきそうだ。なかなかこんな風に聞き書きできないものだと思う。繰り返し読む一冊になるだろう。

  • 図書館で借りて読み。

    クレープ屋さんのご主人の
    「どうしたら、景子さんが笑顔で過ごせるんやろ」って考えてくれる
    って話がいいなあ。私も連れ合いのことをこんな風に思いやっていきたい。
    気がつけばお弁当の写真よりも、文章の方に夢中。人生色々だなあって思う。

  • おかずは4種類以上あると見栄えする。
    おかずとご飯を分けてるお弁当の人って多いのね。量が多すぎない?

  • ANA機内誌「翼の王国」に掲載されてたものを編集したものだそうです。「おべんとうの時間(2)」、2012.4発行です。ネイチャーガイド、ガーデナー、一級時計修理技能士、星空案内人、村づくりスタッフなど色々な仕事をされてる39人の元気の源、「おべんとう」です(^-^)

  • お弁当は人と人の大事なコミュニケーションツールなのかもしれない。ふと手に取って読んだか、胸の中がとてもあたたかくなる1冊だった。
    様々な職種の人のお弁当と、その人の仕事、生き方が写真と文章で紹介されている。
    丁寧に作られた本だな、というのが第一印象。語り口調の文を読んでお弁当はただ食べるものではなく、人の想いがたくさん詰まった幸せの箱なのだなと当たり前のことに気付かされた。
    作る側ではなく、作ってもらった側のストーリーだか、どちらの想いも汲むことができる。質素なお弁当、豪華なお弁当、どちらもその箱の中には相手を思いやる気持ちが込められているのだ。
    読み終わったあと、自分が作るお弁当や渡す相手、作ってもらったお弁当を思い出しながら、ありがとうと呟いてしまった。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

阿部 了(あべ・さとる)
1963年東京都生まれ。気象観測船「啓風丸」に機関員として4年乗船後、シベリア鉄道で欧州の旅に出て写真に目覚める。東京工芸大学で写真を学び、立木義浩氏の助手を経て1995年よりフリーランス。2010年の写真展「ニッポンチャチャチャ」では、全国のキャノンギャラリーにてお弁当とポートレートをモノクロ写真で展示。著書に「おべんとうの時間」1~4巻、「おべんとうの人」(ともに木楽舎)など。「おべんとうの時間」シリーズは、フランス、韓国、中国、台湾で翻訳語版が刊行。2011年からN H K「サラメシ」にてお弁当ハンターとしても出演中。2018年7月21日~10月8日・東京都美術館「BENTO おべんとう展― 食べる・集う・つながるデザイン」展に参加。

「2018年 『ひるけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部了の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
小川 洋子
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

おべんとうの時間 2 (翼の王国books)を本棚に登録しているひと

ツイートする