霊園から見た近代日本

著者 :
  • 弦書房
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863290563

作品紹介・あらすじ

幕末から明治をへて昭和初期までのいわゆる近代史の中で頭山満を中心とした《玄洋社》の果たした役割がいかに重要だったのかを正面からとりあげた歴史書は少ない。本書は近代という日本の国家形成期に活躍した人物たちを、青山霊園、谷中霊園、泉岳寺、木母寺、築地本願寺など墓石に刻まれた人脈を《玄洋社》をキーワードとして読み解くことで再検証したものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作者は、基本的に右寄りな気がしますが、おおざっぱに言って、近代日本の側面をある程度ついていると思います。

全1件中 1 - 1件を表示

浦辺登の作品

霊園から見た近代日本を本棚に登録しているひと

ツイートする