未踏の野を過ぎて

著者 :
  • 弦書房
3.80
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863290631

作品紹介・あらすじ

現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。東日本大震災にふれた「無常こそわが友」の他、ことば、生と死、仕事、身分、秩序、教育、環境など現代がかかえる歪みを鋭く分析し、前近代の中に解決の糸口を見い出そうとする評論集【30編収録】。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 評論集。新聞や雑誌に掲載されたものを集めたものなので、似た内容のものが多かったりする。内容は、よい。

  • 『つつましさの喪失』のなかの「どのようにつつましく無名な存在であろうと。この世界のうちに自分の生が確かに根拠づけられているとすれば、何のために自分をひけらかさなければならぬことがあろう。」の言葉が耳に痛くかつ印象的である。私も御多分に漏れず、このように読書メーターやときどきFBに投稿したりと、いささかつつましさに欠けているのは否めない。しかしながらほぼ毎日SNSに自分に関する出来事を逐一報告している人を見かけると、首を傾げたくなる。安っぽい仲間なら孤独を選択したいと言えば、気障すぎるかな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年、京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。熊本市在住。主な著書に、『北一輝』(ちくま学芸文庫)、『黒船前夜』(洋泉社)、『幻影の明治』『父母の記』(いずれも平凡社)などがある。

「2018年 『幻影の明治 名もなき人びとの肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺京二の作品

ツイートする