かくれキリシタンの起源《信仰と信者の実相》

著者 : 中園成生
  • 弦書房 (2018年3月13日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :7
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863291652

作品紹介・あらすじ

「信仰を変容させた信者」という従来のイメージをくつがえし、長年の「かくれキリシタン」論争に終止符を打つ。
20年におよぶ多角的な研究から見えてきたのは、400年前の宣教師たちが日本人の精神と暮らしを理解して創出した「日本人のキリスト教」と、それを禁教の時代にも守り続けるために信者が選択した「信仰並存」という形だった。
現在も続く、かくれキリシタン信仰。その実相をあらわし、起源を辿る。
【カラー口絵付】

中園成生の作品

かくれキリシタンの起源《信仰と信者の実相》を本棚に登録しているひと

ツイートする