かくれキリシタンの起源《信仰と信者の実相》

著者 :
  • 弦書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863291652

作品紹介・あらすじ

「信仰を変容させた信者」という従来のイメージをくつがえし、長年の「かくれキリシタン」論争に終止符を打つ。
20年におよぶ多角的な研究から見えてきたのは、400年前の宣教師たちが日本人の精神と暮らしを理解して創出した「日本人のキリスト教」と、それを禁教の時代にも守り続けるために信者が選択した「信仰並存」という形だった。
現在も続く、かくれキリシタン信仰。その実相をあらわし、起源を辿る。
【カラー口絵付】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 中園 成生《かくれキリシタンの起源 ~ 信仰と信者の実相 20180313 弦書房》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4863291655
     
    (20180627)
     

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1963年福岡県生まれ。平戸市生月島博物館・島の館学芸員。熊本大学文学部(民俗学)卒業。捕鯨史やかくれキリシタン信仰の調査・研究に取り組む。
著書に『鯨取り絵物語』(共著)『かくれキリシタンとは何か』(以上、弦書房)『かくれキリシタンの聖画』(共著、小学館)他。

中園成生の作品

ツイートする