石牟礼道子全歌集 海と空の間に

著者 :
  • 弦書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863291959

作品紹介・あらすじ

石牟礼文学の出発点ともいえる短歌の、
1943年〜2015年の未発表のものを含む670余首を収録。
『苦海浄土』(1969)刊行以前に詠まれた初期短歌と『アニマの鳥』
(1999、のち『春の城』)刊行前後から詠まれた短歌を中心に集成。

 石牟礼道子は『苦海浄土』『椿の海の記』『天湖』『春の城』等々、たくさんのすぐれた作品を書きのこした。長い作品もあれば短編も書いたし、味わい深いエッセイの類も非常に多い。さらに詩を書き、俳句・短歌も詠んだ。能の台本もある。石牟礼道子の作家活動は多面的だった、と言って良い。 さて、その文学的出発点に何があったかと考えると、短歌は無視できない。(「解説」から)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣くことも笑ひも忘れぬすみ食ふタデ子はあはれ戦災の孤児
      石牟礼道子

    「苦海浄土―わが水俣病」などのノンフクションで知られる、作家・詩人の石牟礼道子。2018年に満90歳で死去し、この秋、全歌集が刊行された。

    「短歌は私の初恋」と記したほど、その生涯で短歌の存在は大きかった。とくに20代は、地元の歌誌や総合誌「短歌研究」等に熱心に短歌を投じていたのである。

    すでに、1989年に歌集「海と空のあいだに」が刊行され、「石牟礼道子全集」全17巻・別巻1にも短歌は収録されている。けれどもこのたびの全歌集には、未収録・未発表の短歌340首も収められ、初期作品から晩年近くのものまで、すべてを俯瞰できる大冊となっている。

    中でも注目されるのは、戦後まもなく世話をした、戦災孤児「タデ子」を歌った一連だろう。当時小学校の代用教員をしていた石牟礼は、はるばる関西から九州に来たタデ子に親身に接していたという。

      餓えし己ははまねど小さきものへといふタデ子の骨はいたくとがりぬ

      夢みてのみ笑ふ笑ひを忘れし子うらみも知らずねむる姿よ

     ビスケットにありついても、自分は食べず、より小さな子に与えたタデ子。「夢」も「笑ひ」も忘れたような孤児に深く共感し、成り代わったようなまなざしで歌う姿は、後の石牟礼の仕事と重なる。

     他者の境遇をわが事のように思い、憂悶し、痛みを分かつ心。それは、狭量な世を生きる私たちへの忠言でもありそうだ。(2019年12月8日掲載)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

石牟礼 道子(いしむれ みちこ)
1927年3月11日-2018年2月10日)
熊本県、天草の宮野河内(現河浦町)で生まれる。母の実家は石工棟梁・回船業も営んでおり、父はそこで帳付けを勤めていた。祖父の事業が破産してから、小学二年の時に天草から水俣の北はずれに移住。優秀な学業成績から、三年制の実務学校(現水俣高校)に進学。ここで短歌を学んだ。卒業して教員養成所に入り、16歳で小学校の代用教員となって、詩と短歌を続ける。1947年に小学校を退職し、結婚。
その後若い労働組合員や詩人・谷川雁と知り合ってから、水俣病の患者の聞き書が始まる。1969年『苦海浄土』を刊行(熊日文学賞、大宅壮一ノンフィクション賞が与えられたが患者の苦患を語る本で賞を受けないと辞退)。水俣病の惨苦を世に広く伝えるだけでなく、「水俣病を告発する会」を渡辺京二さんらと結成して多くの患者とその運動に寄り添い、水俣病訴訟の勝訴に貢献。晩年はパーキンソン病を患って長編作を控えたが、旺盛な執筆意欲は衰えず、数々の作品を記していた。
1973年、マグサイサイ賞受賞。1993年、『十六夜橋』で紫式部文学賞受賞。2002年、朝日賞受賞。同年新作能「不知火」を発表。2003年、『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2004年から『石牟礼道子全集 不知火』を刊行、そこで『苦海浄土』の改稿と書き下ろしを加え、第二部・第三部を完結させる。池澤さんが個人編集した『世界文学全集』にも、日本人作家唯一の長編として収められた。

石牟礼道子全歌集 海と空の間にのその他の作品

懐かしき人々 《私の戦後》 単行本 懐かしき人々 《私の戦後》 石牟礼道子

石牟礼道子の作品

石牟礼道子全歌集 海と空の間にを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする