燃ゆる十字架のもとに〈1〉―アウトランダー〈13〉 (ヴィレッジブックス)

制作 : Diana Gabaldon  加藤 洋子 
  • ヴィレッジブックス
3.58
  • (3)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (598ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【アウトランダー13作目】なんだかんだと慌ただしい中でようやくブリーとロジャーが結婚。だんだんこの生活を覗き見しているのにも慣れたのか少し気持ちが弛んでいるけど読み続けるのはやめられない。これから起こるであろう戦いを思うとまた読むのに苦労しそうな予感がする。

  • 2012年7月4日読了。

    なんだか淡々とした物語のはこびでちょっとだれてきたかも…。
    やっぱジェイミーが大人になりすぎてちょっと悲しい。
    20代のころのかわいげのある彼が好きだったわ~。

    物語もアメリカ独立戦争の話になってきてイマイチのめりこめない…でも、面白いんだけどね。

  • 2009-12-171

  • アウトランダー・シリーズ 13〜15巻

全4件中 1 - 4件を表示

ダイアナ・ガバルドンの作品

ツイートする