1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)

制作 : 越智 道雄  Mark Kurlansky  来住 道子 
  • ヴィレッジブックス
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320161

作品紹介・あらすじ

世界各国で民衆にとって激動の年であった1968年、ベトナムでは最悪の戦死者を出し、キング牧師もロバート・ケネディも暗殺され、プラハの春は踏みにじられた。英雄カストロと社会主義を選んだキューバ、メキシコシティの大虐殺…。そしてその一年を象徴的にしめくくるかのように、年の終わりにはアプロが月に到達する。手に石を持ち、バリケードを築いた学生たちは、そのとき何を見つめていたのだろうか。独自の視点で、世界のうねりを鋭くえぐり、臨場感あふれる筆致で1968年を再構築する構想十年、当時20歳だった著者の時代への熱い思いを感じされる渾身の一作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プラハの春についての内容は比較的少なかったのが残念。でも、ほかにもたくさんの学生運動や市民運動が盛り上がっていたことはあんまり知らなかったから勉強になった。世界中で起こっていたことが興味深い。

  • 1968年関連はいろいろあるけど、最初に読むにはこれがベスト。面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。アメリカを代表する知識人のひとり。NYタイムズ・ベストセラーリストの常連で、ノンフィクションを中心に活躍。『鱈――世界を変えた魚の歴史』(河出書房新社)は15か国語以上に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。『塩の世界史――歴史を動かした小さな粒』(扶桑社(2014年中公文庫として再刊))、『1968――世界が揺れた年』(ヴィレッジブックス)など邦訳された書籍も多い。独自の視点によるシャープな歴史解釈に定評があり、コラムニストとしても高く評価されている。ニューヨーク在住。

「2016年 『紙の世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)のその他の作品

1968―世界が揺れた年〈後編〉 単行本 1968―世界が揺れた年〈後編〉 マーク・カーランスキー
1968―世界が揺れた年〈前編〉 単行本 1968―世界が揺れた年〈前編〉 マーク・カーランスキー

マーク・カーランスキーの作品

ツイートする