ハイランドで月の女神と (ヴィレッジブックス)

制作 : 上條 ひろみ 
  • ヴィレッジブックス
4.46
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1518年。ハイランド地方の領主ドゥルスタンは魔法を操れるドルイドだったが、ロマ族に呪いをかけられ、ネス湖近くの洞窟で永遠に続く眠りにつかされた。彼を目覚めさせるには、日光と人間の血が必要だった。それからおよそ500年後、旅行でスコットランドを訪れたアメリカの女性グウェンは、散歩中にうっかり岩の割れ目に落ちたことがきっかけで、ドゥルスタンを目覚めさせてしまった…。時を超えてめぐりあったふたりを待ち受ける波瀾に満ちた運命とは果たして?名手モニングが流麗なタッチで描き上げたファンタスティック・ロマンス。

  • パラノーマル、タイムトラベルもの。ヒーローはドルイドで、妖精の怒りを買って呪いをかけられ数百年にわたって洞窟の中で眠り続けている。その呪いをたまたま解いてしまったのが現代に生きる、旅行中だったヒロイン。この呪いの解け方がちょっとバカらしいというか‥私的に受け入れられないというか。もっと説得力が欲しかったなあ。
    でもこのシリーズはどれも面白くてこれからも新作を待ち続けるでしょう。

  • 2009年8月12日読了。

    タイムトラベル物です。
    中々にロマンチックで面白かったかも。
    このシリーズの1作目は、読んだ事も記憶に残らないほどつまらなかったけど、4作目のこの話はなかなか。
    双子のハイランダーがかっこいいです。

    しかし・・・欧米の人って、ハイランダー好きだよなぁ。
    彼らにとってはどういう風にとくべつなんだろうか、ハイランダー。

  • ヒストリカル、「ハイランド」シリーズ第4弾。
    シリーズの1〜3『〜の霧に抱かれて』『〜の戦士に別れを』『〜の妖精に誓って』は何らかの関連が有ったけど、4弾からはまた別のお話で4・5弾が姉妹作となるらしい。
    .............(あらすじ)......................................................
    1518年。ハイランド地方の領主ドゥルスタンは魔法を操れるドルイドだったが、ロマ族に呪いをかけられ、ネス湖近くの洞窟で永遠に続く眠りにつかされた。彼を目覚めさせるには、日光と人間の血が必要だった。
    それからおよそ500年後、旅行でスコットランドを訪れたアメリカの女性グウェンは、散歩中にうっかり岩の割れ目に落ちたことがきっかけで、ドゥルスタンを目覚めさせてしまった…。時を超えてめぐりあったふたりを待ち受ける波瀾に満ちた運命とは果たして?(「BOOK」データベースより)
    .............................................................................................
    お話の展開はジュード・デヴローの『時のかなたの恋人』に似ているけど、こちらも違ったテイストなので読んでいてもそれ程気にならない。
    『時のかなたの〜』よりはヒロインが精神的にたくましいので、わたしはこちらの方が好き♪
    終わりが次作がとても気になる展開を見せたので、ヒーロー弟のお話の次作がどんな作品になるんだろうか....とても楽しみ。

  • どうしてもデブローの作品とかさなって気になるのですが、ドルイドをうまく使ってわくわくさせてくれます。続きが楽しみ。

全5件中 1 - 5件を表示

カレン・マリー・モニングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする