ブリジンガー 炎に誓う絆 上 (ドラゴンライダー 3)

制作 : 大嶌 双恵 
  • ヴィレッジブックス
4.07
  • (42)
  • (43)
  • (34)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 300
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エラゴンとローランでカトリーナを救い出し、
    そしてマータグとの2度目の戦闘で撃退。

    表紙の黒いのはドラゴンではなく敵のドラゴンみたいな古代生物。
    読み終わるまで何なのか分からなかったです。
    どうせならドラゴンで統一して欲しかったな。

    エラゴンがスーロンを生かしたことについて人間の王は肯定していて驚いたけど理由を聞いて納得できました。
    色んな視点からの考えをしっかり書けるってのも読んでて楽しいです。

    そしてエラゴンが黄金を返しに行くところは人柄が現れているなと読んでて嬉しくなった。

  • 1冊目とかと比べて何かすごくゆっくりペースやで。

  • 配置場所:広呉図書
    資料ID:93136169
    請求記号:933.7||P

  • ドラゴンライダーシリーズ5冊目、3巻の上です。
    つまらなくはないんだけど・・・
    だってー、異種族間の取りまとめに奔走する一方で、仲間の救出をしたり、裏切者に制裁を与えたりと多少の展開はあるけれど些細な話が多くって。
    マーダグとの戦いも決着がつかないし、大体いつまでたってもガルバトリックス(悪の親玉)が登場してこないんだもん。私は早く黒いドラゴンに会いたい。

    下巻はドワーフ族を仲間に取り込めるか、エラゴンが師匠からガルバトリックスの弱点?を授かることが出来るのか?そのあたりがキモですね。

  • だんだん深くと思っていたのですが、今回はもうひとつ。ただ、命を奪うことに対するエラゴンの考え方はなかなかと思った。人は誰が裁くか、なぜ裁かれるか、立場、地位、今後に期待です。

  • 読了。

  • 再読。

  • サフィラ、ローランドとともに、ヘルグラインドへと向かったエラゴン。ラーザックと怪物レザルブラカと戦い・・・・・と、このラーザックとの戦いが場面を思い浮かべながら読むと、なかなか面白い。

  • ドラゴンライダーシリーズ3作目としてしっかり書かれています。
    ハリーポッターよりはロードオブザリングに近いと思います。
    肉体の戦いもありますが、知性の高いドラゴンとドラゴンライダーをめぐる政治的な面があったりと、面白い作品。

  • 気が付いたら続編が出ていたので、慌てて購入しました。

    相変わらずキャラクターは魅力的だし、世界観もしっかりしていていいです。
    主人公のエラゴンの身に大きな変化があったり、他にも色々動きが。
    続編早く読みたいです、翻訳者さん頑張って!

全29件中 1 - 10件を表示

ブリジンガー 炎に誓う絆 上 (ドラゴンライダー 3)のその他の作品

ブリジンガー 炎に誓う絆 下 (ドラゴンライダー 3) 単行本 ブリジンガー 炎に誓う絆 下 (ドラゴンライダー 3) クリストファー・パオリーニ

クリストファー・パオリーニの作品

ブリジンガー 炎に誓う絆 上 (ドラゴンライダー 3)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする