ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルI

制作 : 中村 浩美 
  • ヴィレッジブックス
3.28
  • (4)
  • (9)
  • (9)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320932

作品紹介・あらすじ

19世紀、ロンドン-いま一人の紳士が英国魔術を復活させようとしていた。世界幻想文学大賞、ヒューゴー賞、ローカス賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人的に久しぶりのファンタジーでのメガヒットでした。

    ストーリー自体をみると結構堅苦しい話です。
    ナポレオン戦争時のイギリスが舞台で、 そこにはすでに失われてしまった(と思われていた)魔道について、ただ研究を行っているだけの「魔術師」たちがいました。 しかしそんな中、本物の魔法を使える「実践魔術師」であるミスターノレルが、自分の力で戦争に勝とうと政府に働きかけていきます。
    ダイモンという特別な存在で、一気にファンタジーの雰囲気を盛り上げていたライラと違って、この本は読み始めて一時間しても本物の魔法の影すら出てきません。なので初めは、ちょっと面白い歴史書でも読んでいるような気分でした。
    けれどあるとき突然、ひとつの文章から、この本が魔法の物語であることに気づき、真っ直ぐ魔法の世界へと落ちていきます。
    白・赤・黒で揃えられたカバーもすごく綺麗なので、とても本棚に飾っておきたい本でした。

  • 黒魔術を復活させた老人(英国唯一の実践魔術師)が恐れるのは、新しい魔術師の出現。その理由は、自分の無知や経験のなさを見破られるから。また、自分への名声が横取りされるかもしれないから。人間味あふれる登場人物に圧倒される壮大なファンタジー。全3巻です。

  • ファンタジーだけど、わくわく感なし
    長編をむりやりぶった切って3冊にしてあるので、1巻から順に読まないとダメ
    主人公はプライドの高い冴えないおっさんと、それよりちょっと若い(と言っても30代)おっさん
    1900年代初頭のイギリスでは魔術は机上で議論するものとなっていた
    そこへノレル氏(年いった方のおっさん)が実践魔術士として国のためになる魔法を行うのだが、魔術を実践できる証拠としてサー・ポールの奥方を生き返らせる。ただしこの魔術には「アザミの綿毛のような髪の紳士」という妖精が絡んでおり、これが禍根のタネとなる

  • 19世紀、イギリスでは魔術が使われなくなっていた。ヨークの街では魔術師達の会合ヨーク会が行われていたが、論文を読みあったりするだけで、理論魔術師だけであった。ある日、新入会したセカンダス氏により、ギルバート・ノレルという実践魔術師を知る。
    ノレルは遠く離れた地から、大聖堂の石像に語らせるという魔術を使い、ヨーク会を解散させた。そしてイギリスに魔術をよみがえらせたいという野望をもつノレルは、ロンドンへと居を変えた。しかし世間は彼に重きをおいていなかった。
    現職の大臣であるサー・ウォルターに気に入られるために、病死した婚約者を生き返らせるという魔術を使う。そうすると・・
    二人の魔術師がイングランドに現れるという予言、ひとりはノレル。あとひとりは?
    これ面白いですよ。主人公らしきノレルだけでなく、まわりの登場人物たちも個性的でしっかりとその人物像が描かれている。

  • 途中で挫折。だめだ、これのおもしろさがわからん。ハリポタと同系統くさいニオイがする。イギリス的ブラックなユーモア(ユーモアとまで言い切れん言い回し)がなくはない、程度のおもしろさ。で、注釈で勢い削がれて…。

  • タイトルと装丁に一目惚れして購入。期待に十二分に応えていただきました。ひっじょうに面白い! すっごい面白い!
    少しばかり前置きが長いきらいがあって、中々表題にもなっている主人公の一人、ジョナサン・ストレンジに辿りつかないのがちよっと最初読んでいて不安を感じるところではあったけれど、一巻の中盤からいきなりぐん、と面白くなる。
    魔法の描写が凄いんだ。日常の隙間から魔法がするすると入り込んできて、何事もなかったような顔をしてそこにいる。その感覚がたまらない。
    二人の実践魔術師以外があまりにもふつうの人々であるから、なのかとも思うんですがもう理由なんてどうでもいい。本当に面白い。

  • 19 世紀のイギリス、魔術の復活、
    とくれば面白くないわけがないのだけれども、
    なんか微妙・・・。
    全 3 冊の 1 冊目。
    ラスト辺りに少し光が見えたような気もするので、
    2 冊目に期待。

    2005 年 ヒューゴー賞長編小説部門受賞作品。
    2005 年 ローカス賞第一長篇部門受賞作品。
    2005 年 世界幻想文学大賞。

  • 大人のためのハリー・ポッター

  • 読書という労働・・・。本好きにお勧め。

  • 話題のファンタジー。大人版「バーティミアス」みたいな感じですかね。ようやくタイトルロールのもう一人が登場いたしました。

全11件中 1 - 10件を表示

スザンナ・クラークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
湊 かなえ
ウンベルト エー...
乾石 智子
森見 登美彦
ジョナサン・スト...
和田 竜
宮部 みゆき
アレックス シア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルIに関連する談話室の質問

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルIに関連するまとめ

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルIを本棚に登録しているひと

ツイートする