レベッカのお買いもの日記4 波乱の新婚生活!篇 (ヴィレッジブックス)

制作 : 佐竹史子 
  • ヴィレッジブックス (2008年12月20日発売)
3.68
  • (12)
  • (28)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :159
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321106

レベッカのお買いもの日記4 波乱の新婚生活!篇 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レベッカに、実はお姉さんが!
    超超散財しまくりのレベッカに対して、そのお姉さんは超堅実派、倹約家。
    レベッカとそりが合わないこと甚だしい。
    でも、最後は仲良し。
    そんなレベッカの性格、やっぱり憎めないなぁ。。。

  • 相変わらずはちゃめちゃなレベッカ
    人間関係のすれ違いに悩み抗議パーティを成功させた。
    登山の負け惜しみ口調と、実際は折れていた脚に笑わせてもらった。

  • この巻、すごーくレベッカらしかったぁ!!お買いものへの執着、根拠のないドリマー、都合の悪いことは後回し、嘘だって時には必要でしょ?そんなレベッカにお姉さんがいたことが発覚。ちょうど親友と距離感を感じていたレベッカは仲良くなろうと暴走!おまけに、「最新モード」のバッグを手に入れるために大きな代償をはらうはめにはなるし。ぜーんぶ、レベッカの自業自得なのに、みんながレベッカに助けの手を差し伸べるのよねぇ。改心したかと思ったレベッカ、最後のページを読んで気が抜けた。やっぱりレベッカはレベッカ。5を読みます・・・。

  • 1巻、2巻と違って(3巻は読んでない)、4巻のレベッカはちょっと学習してた。

    相変わらず、臭いものには蓋をして腐っちゃったら周り中が匂って大参事みたいな出来事は多々あるものの、少しずつだけど成長してきているような気がする、し、水戸黄門のように最後にはすっきり解決するのだろうという心の余裕があるので、既刊のようにイライラして本を閉じてしまうこともなく、最後まで一気に楽しく読めた。
    とは言え、さすがに環境保護の陣頭指揮を取っている時の出来事はひやっとしたけど。
    面白かった。

  • Shopaholic & Sister

    Shopaholicシリーズ4作目。だいぶパターン化してきた感はあるけど、それでも楽しんで読める。ベッキーのキャラは、誇張はされているけど、自分にも当てはまるところは多いし、イライラしつつも嫌いになれないなー。今作のイライラは、買い物中毒の面よりも、後先考えないでその場しのぎに調子のいいことを言ってしまうところにより感じられたので、なんかより自分を見ているような気になった。そして、終わり方を見ると、次回作も読まずにはいられない。

  • 前回の結婚式でほんとどうするんだろう・・・wと思ったけど
    スケールが大きすぎてどこか他人事な部分もあり。

    今回のは問題がぐんと身近になったので親近感もぐっとあがった。
    新登場のジェスもとても好みの人物だった。
    レベッカは相変わらずの甘ちゃんでわがままでどうしようもないけど
    誰もが持つ悩みや寂しさを体現してくれており今までで一番楽しめた
    内容となった。
    願わくば次以降も北部の人たちの出番がありますように。

  • 一度に買ってしまったため読みますよ。読みますけど、、、
    こんなにすきになれないヒロインはS&Mシリーズの萌ちゃん以来である。

  • -

  • このシリーズの中ではあまり面白くないかも。。。
    でも、やっぱりベッキーは面白いです。
    ベッキーにお姉さんができます。

  • お買いもの日記第4弾。結婚しても変わらないベッキーのご都合主義に半ば呆れながら読み進めていくと…良い意味で裏切られたな。

全19件中 1 - 10件を表示

ソフィー・キンセラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

レベッカのお買いもの日記4 波乱の新婚生活!篇 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする