桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)

著者 :
  • ヴィレッジブックス
3.92
  • (15)
  • (16)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桃の節句に生まれた主人公の桃香は、幼なじみで同じ病院、同じ日に生まれた雛子とルームシェアをして大学に通っています。桃香は可愛らしい名前が自分らしくないと思っていて、あまり好きではありません。桃ちゃんと呼ぶのは幼なじみの雛子だけです。夏休みに引っ越しのバイトで出会った孝紘は、なぜか最初から桃ちゃんと呼び、その孝紘のことが好きなのだと気づいた時にはバイト期間も終わり、バイト仲間と春の引っ越しシーズンのバイトで再開しようと約束して別れます。淡い期待を持って春の再会を待っていた桃香ですが、偶然にも春を待たずに犬の散歩のバイトをしていた孝紘と再会します。でも桃香は自分の気持ちを伝えることができません。
    もどかしいけど、優しい恋の物語です。このお話のタイトルが綺麗で好きです。

  • 女の子らしい雛子と、コンプレックスから桃花という名前が嫌いな主人公。
    登場人物は大学生だけど、中学生みたいな爽やかで純粋な恋愛ものでした。見た目にコンプレックスあると全力でオシャレするのが気恥ずかしいってわかるなぁ。隣にかわいい幼なじみがいると特に。

  • 名前に自信が持てない女の子。そんな子が恋をし、自信をつけていく。いや正確には自信がついたなんてわからないけれども。でもこれを読むと、自分の自信がなかったころ(今もさほどないけど笑)を思い出して重ねてしまってすごくドキドキしてしまう。軽くてハッピーエンドで読みやすかった。

  • 自分に似合っていない可愛らしい名前が嫌いな桃花。
    幼なじみ以外みんな名字で呼ぶのに、夏休みのバイト先で出会った彼は最初から名前で呼んだ。
    嫌いな名前のはずなのに、彼に呼ばれるとなぜか嫌じゃない。
    その気持ちが恋だと気付き、偶然の再会から桃花の恋が動き始める。

    大切な幼なじみとの三角関係。
    切なく純粋な恋の物語。


    まさに…純愛といった感じです。

    こんな恋のドキドキ感とかときめき、今はもう忘れちゃった…なんてことはないですけど(笑)
    でも、あぁ…恋っていいなぁって思わされるような、そんな物語です。

    名前を呼ばれるだけでドキドキしたり。
    隣を歩いてるだけで幸せだったり。

    そういうの、いいですよね。

  • 2021#21

  • 面白く、先が気になり一気読み。

  • 青春って感じでしたっ!
    少女マンガほど恋愛って感じでもなく
    題名のようにふわりと甘い感じがすてきな気がします。

  • すごくピュアな気持ちになれる恋愛小説。

    主人公の不器用さがすごくかわいくて、

    青春時代に戻りたくなる。

  • マロウ

  • 恋をすることの苦しさ、切なさ、そして想いが通じた幸せ・・・それらがとても丁寧に書かれているお話。この作者のお話は切ない話だけど、流れている空気がとても優しくて好きです。

全22件中 1 - 10件を表示

飯田雪子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×