幽霊たちが舞う丘―アニタ・ブレイク・シリーズ〈4〉 (ヴィレッジブックス)

制作 : 小田麻紀 
  • ヴィレッジブックス
4.03
  • (8)
  • (17)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (652ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321434

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱ面白い(´∀`)
    自分はエドワードファンなので今回のは読むか迷ったんだけど、そんなのは心配無用でした。
    アニタの一筋縄ではいかない所がいつもながらいい。所々笑いました。しかもこの巻はラリーが頑張ってて、だいぶ頼りになる感じになって来たように思います。今後が楽しみ。
    次の巻はやっとエドワードに会える(笑

  • アニタ・ブレイク・シリーズ第4巻。

  • 昔に読んだ本。


    男性陣(?)もいいけど、アニタも好き!

  • ロマンス小説なのに、ものすごいハードボイルドな味わい。
    主人公のアニタは、強さとともに普通っぽさも漂っていて可愛い。

  • 11/9  読了

  • アニタブレイクシリーズの邦訳、第4弾。
    ジャンクロードとリチャード、アニタの三角関係はさらに複雑に。
    今回の見どころは蘇生師見習いのラリー。ラリーが蘇生師として成長してゆく様子が楽しめます。
    さらに、今回は何と妖精まで登場!

  • 2009年4月22日読了。

    やっぱり面白いです、このシリーズ。
    今回は、めずらしくジャン・クロードががんばってたけど、やっぱりヴァンパイアとしては弱いのか?
    いつも最終的にはアニタに助けられてますが・・・。

    この話は、アニタの一人称で語られてるんだけど、その語り口が潔いというか、なんと言うか・・・
    はぎれが良くて読んでて気持ちいい。

    さて、次はいつ出版されるのか・・・楽しみだ。

全8件中 1 - 8件を表示

ローレル・K・ハミルトンの作品

幽霊たちが舞う丘―アニタ・ブレイク・シリーズ〈4〉 (ヴィレッジブックス)に関連する談話室の質問

ツイートする