トワイライトIII 下 (ヴィレッジブックス)

制作 : 小原亜美 
  • ヴィレッジブックス
3.97
  • (122)
  • (113)
  • (89)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1052
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321656

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何年かぶりにイッキ読み。とても面白いしドキドキしちゃうわけだけども、流石にちょっとこっぱずかしい(//∇//)
    ベラの性格がwって気持ちはよくわかるけど、そもそもジェイコブやエドワードみたいに一途に大切にしてくれる人なんてありえないので、そこは大目に見る。前回読んだ時より狼側がステキに見える。この巻の後半、雪山のシーンはとてもよいですね〜。

  • だんだん読むのが辛くなって来た…。
    主人公のベラの性格が苦手すぎる…。

    …ファンの方ごめんなさい。

    引き続きジェイコブが可哀想だし、そこまでエドワードが好きなら今すぐにでも結婚してあげてよー!ってやきもきなる。

    読むとイライラしちゃって、なかなか進まな 笑
    早く読み終わって、映画版見たいのになー。

  • トワイライトシリーズ3下。
    ベラがハッキリしないせいでエドワードもジェイコブも沢山傷ついた。
    エドワードは長く生きてるだけあってかジェイコブよりはるかに大人だった。
    戦いのシーンは凄く上手く書かれていたと思う!
    ドキドキワクワクが楽しめた。

  • 映画視聴済。
    ジェイコーブ…
    小説だけ読んでいたら、こんなにもジェイコブジェイコブいってない気もするのだけれども。
    大変ジェイコブが気になって仕方のない巻であります。
    エピローグがベラではなくジェイコブ視点なのも切ない…。
    早くジェイコブを幸せにしてあげて…。

  • 面白かったけどベラが結婚したくない理由がいまいちよくわからない。
    そして結婚する理由もどうなの?
    って思ってしまった。
    ジェイコブのいきすぎな行動も微妙だった。
    ベラは結局はエドワードもジェイコブもどっちも好きって・・・
    これ、普通の話ならちょっとありえない。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「約束するよ、永遠にきみを愛すると。来る日も来る日も―永遠に」とうとうエドワードのプロポーズを受けたベラ。形見の指輪を受け取って、あとは転生を待つばかり。だが、かつて恋人を殺された怨みをもつ赤毛の女吸血鬼ヴィクトリアが、ベラの命を狙って恐ろしい罠をしかけてくる。命がけでベラを守ろうとするジェイコブの犠牲、冷酷なヴォルトーリの仕打ち。そして、戦いのあとには、身を引き裂かれるような別れが待っていた…。

    【キーワード】
    文庫・吸血鬼・恋愛・ファンタジー・映画化

    【映像化情報】
    第1作:トワイライト〜初恋〜 Twilight(2008年)
    第2作:ニュームーン/トワイライト・サーガ New moon(2009年)
    第3作:エクリプス/トワイライト・サーガ Eclipse(2010年)
    第4作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 Breaking Dawn - Part 1(2011年)
    第5作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2(2012年)

    出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他



    4+1+++1

  • シリーズ6冊目♪

  • 今まで読んできた本の中で1,2を争うくらい読み直した、それだけ好きなシリーズです。作者の(と言うか和訳者?トワイライトの和訳は原作の雰囲気そのままだと評判ですね)書き方が柔らかく、それでいて幼稚さを感じない文体で好きです。また、途中途中の描写でベラが来ていく洋服に迷ったりなど、本当に一般の、どこにでもいる恋する女子高生、と言う感じが違和感なく、それでいて煩くもなくさりげなく描かれていて個人的にはツボです。

  • 上巻に感想記載

  • 三角関係がちょっと苦手だから、ベラのどっちつかずの行動にヤキモキしました…。
    結局はそれぞれに悩んで、自分で出した決断の道を歩き出してくれたので、良かった良かったという感じ。

    ですが!それにしてもベラの被害妄想というか、自己卑下力の凄さには呆れる。
    ロマンス小説としてはありがちなのかもしれないけど、ちょっとやり過ぎ感が否めませんな。。
    だけどそこは、トワイライト。ヴィクトリアたちとの戦いは迫力があるし、狼たちの苦悩、ジャスパーたちの出生の秘密などなど、ありがちでは終わらせない魅力的な要素がたくさんあるので、ファンタジー好きとしても満足なシリーズです。
    ヴァンパイアの道を進むことによって、ベラがこれからどう成長するのか、第四部も楽しみです。

全66件中 1 - 10件を表示

ステファニー・メイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
東野 圭吾
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

トワイライトIII 下 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする