この邪悪な街にも夜明けが イヴ&ローク22 (ヴィレッジブックス)

著者 :
制作 : 小林浩子 
  • ヴィレッジブックス
3.79
  • (5)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イヴ&ローク第22弾。なんともやるせない事件の結末。事件の背景にあるものもぞっとした。クローン人間、技術的にはありえることなのでなおさらです。事件とは対照的なのが感謝祭。 ロークの親戚がアイルランドから大勢でやってきて、和気あいあいとしちゃって、今まで親戚付き合いなんて経験したことがなかった2人が戸惑うのが可愛かったな。ラスト、お客さんを放って事件に向かったけど、感謝祭はどーなったの?と気になる。そして、イヴロクの積読が無くなったのでつぎを入手しないと。

  • 【イヴ&ローク22作目】今回はスッキリしない解決。これを解決と呼ぶのかどうかは怪しいかな。それにしても凄いテーマだった。クローン人間って…これを考えたJDロブが凄いわ。そして感謝祭はどうなったのかなー。気になる。

  • 美容外科医殺害犯の想像を絶する正体とは? 人気シリーズ第22弾

    2059年11月のニューヨーク。老齢の著名な美容形成外科医が、専用オフィスで心臓を刃物で刺されて殺された。防犯カメラには犯人とおぼしき美貌の女性の姿が映っていたが、その行方は杳として知れない。捜査に邁進するイヴたちは、被害者が何人もの若い女性を被験者として不可解な実験をおこなっていたことを突き止める。が、そんな折、まったく同一の手口による第二の殺人事件が発生。謎を追うイヴとロークがやがてあばくのは、想像を絶する恐ろしい真実だった!大人気シリーズ、いよいよ第22弾登場(巻末に「ボーナス・クイズ」を収録)

  • 2059年11月のニューヨーク。老齢の著名な美容形成外科医が、専用オフィスで心臓を刃物で刺されて殺された。防犯カメラには犯人とおぼしき美貌の女性の姿が映っていたが、その行方は杳として知れない。捜査に邁進するイヴたちは、被害者が何人もの若い女性を被験者として不可解な実験をおこなっていたことを突き止める。だがそんな折、まったく同一の手口による第二の殺人事件が発生。謎を追うイヴとロークがやがてあばくのは、想像を絶する恐ろしい真実だった…。

    原題:Origin In Death (2006)
    訳者:小林浩子

    ヴィレッジブックス(2009.12)

  • 2059年11月のニューヨーク。老齢の著名な美容形成外科医が、専用オフィスで心臓を刃物で刺されて殺された。防犯カメラには犯人とおぼしき美貌の女性の姿が映っていたが、その行方は杳として知れない。捜査に邁進するイヴたちは、被害者が何人もの若い女性を被験者として不可解な実験をおこなっていたことを突き止める。が、そんな折、まったく同一の手口による第二の殺人事件が発生。謎を追うイヴとロークがやがてあばくのは、想像を絶する恐ろしい真実だった!大人気シリーズ、いよいよ第22弾登場(巻末に「ボーナス・クイズ」を収録)。

  • [ 内容 ]
    2059年11月のニューヨーク。
    老齢の著名な美容形成外科医が、専用オフィスで心臓を刃物で刺されて殺された。
    防犯カメラには犯人とおぼしき美貌の女性の姿が映っていたが、その行方は杳として知れない。
    捜査に邁進するイヴたちは、被害者が何人もの若い女性を被験者として不可解な実験をおこなっていたことを突き止める。
    が、そんな折、まったく同一の手口による第二の殺人事件が発生。
    謎を追うイヴとロークがやがてあばくのは、想像を絶する恐ろしい真実だった!大人気シリーズ、いよいよ第22弾登場(巻末に「ボーナス・クイズ」を収録)。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • どんどん子供が登場する回数が増えているけど、やはり子供ができる前触れ?

  • このシリーズ、少しだれてきたかなと最初のうちは思っていたら、なんのその。驚くような展開で、ラスト数十ページはドキドキはらはら。お約束の活劇も堪能できました。

  • 新刊が出ていたことに気づいてなかった!不覚!
    なんか、いつもとノリが違うような……?初めての訳者さんじゃないけれど、文体がいつもと違う感じがしました。いつもの軽快な悪口の調子がないような。原著もそうなのかな?
    でも、モリスもチャールズもバクスターも出て来て、こいつらが好きな私はそれだけで踊り狂える。それぞれとイヴのやりとりが、いつだって好きです。
    23作目もまた彼らが出て来て、いつもの調子で親密な憎まれ口を叩き合ってほしい!

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    2059年11月のニューヨーク。老齢の著名な美容形成外科医が、専用オフィスで心臓を刃物で刺されて殺された。防犯カメラには犯人とおぼしき美貌の女性の姿が映っていたが、その行方は杳として知れない。捜査に邁進するイヴたちは、被害者が何人もの若い女性を被験者として不可解な実験をおこなっていたことを突き止める。が、そんな折、まったく同一の手口による第二の殺人事件が発生。謎を追うイヴとロークがやがてあばくのは、想像を絶する恐ろしい真実だった!大人気シリーズ、いよいよ第22弾登場(巻末に「ボーナス・クイズ」を収録)。

    イブ&ロークシリーズ22話目
    今回はかなりいろんな意味でハードな内容でした。
    グロテスクでもあり、精神的にも、倫理的にも重かった。
    子供がかかわるとイブもロークも神経質にならざる終えない事情もある。
    そのうえロークの親戚も登場。
    次回あたり本当にメイヴィスの出産ありそう。
    そっちが楽しみだったりしています。

    Origin In Death by J.D.Robb

全12件中 1 - 10件を表示

この邪悪な街にも夜明けが イヴ&ローク22 (ヴィレッジブックス)のその他の作品

J・D・ロブの作品

ツイートする