バットマン イヤーワン/イヤーツー

  • ヴィレッジブックス
3.90
  • (11)
  • (24)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小プロ『スーパーマン/バットマン』誌ではさえない終わり方をしてしまった「イヤーツー」。確かに乾いた大傑作「イヤーワン」の完成度には比肩しえないが、運命のいたずらが悲劇と幸せを運ぶ古典的センチメンタルなストーリーに説得力のある名篇だった。とがり切ってない頃のマクファーレンの画もいいさじ加減。

  • *えり*

    バットマンの活動一年目、二年目の物語。

    この物語の重厚感がたまらんです!
    しかし、イヤーツーは…
    物語としては好きなんですが、
    バットマンが銃を手にするってのはほんとやっちゃ駄目なのでは…
    「ダークナイト」(漫画の方)でも、
    「銃は…臆病者の武器だ
     嘘つきの武器だ
     簡単過ぎるからだ…
     あまりにも簡単に、容易に人を殺す…」
    と嫌ってたし、
    何より両親を殺した武器を手にするのは…
    ということで、そこだけが残念!

  • バットマン「イヤーワン」、「イヤーツー」とその続編「フルサークル」を合冊したもの。
    「イヤーワン」は前年の『バットマン: ダークナイト・リターンズ』の好評を得て1987年に発表された。昔ながらのいわゆるアメコミとは違い、リアルでハードな内容。このような兆候は世界的な潮流で、フランスではエンキ・ビラル(『ニコポル』三部作 1980-92年)、日本では大友克洋(『童夢』 1983年)、谷口ジロー(『ブランカ』1984-86年)などが同時期に台頭し、後進に多大な影響を与えた。1982年公開の『ブレード・ランナー』のビジュアルもあげておきたい。
    評判通りの佳作だが、バットマンとしての活動一年目というよりゴードン警部補が中心の物語となっている。ゴードン警部補がシカゴからゴッサムに赴任してくるところから始まる。同時にブルース・ウェインも長旅から帰ってくる。
    「イヤーワン」のライターは『シン・シティ』や『300<スリー・ハンドレット>』などでもおなじみのフランク・ミラー。アーティストはデヴィッド・マズッケリ。ミラーの絵はクールだが、マズッケリの線は起伏があり暖かみがあるが、読者の感情に訴えるものがある。
    「イヤーツー」は「イヤーワン」から名前を借りただけの全く趣きの違う作品で、良くも悪くもアメコミ。トラブルがあったらしく、チャプター毎にライターもアーティストもばらばら。「CHAPTER 2」でアーティスト達が変更になり、「CHAPTER 4」ではペンシラー(鉛筆、つまりコマ割りと下描きをする人)とインカー(いわゆるペン入れをする人)が同じになるので回毎に絵柄が変わり読みにくい。アーティストにはのちに『スポーン』シリーズで名を馳せるトッド・マクファーレンが名を連ねている。『スポーン』のシャープなイメージとは違い、ペンシラーとインカーの両方を務めた「CHAPTER 4」の線はふわふわしていて平口広美の絵に酷似している。
    「フルサークル」は「イヤーツー」の続編。「イヤーツー」で死んだはずのリーパーが復活する。更に「イヤースリー」も存在するらしいが、邦訳されていない。
    はっきり言って先に刊行されていた「イヤーワン」だけで充分だった。

  • 強盗の手により幼くして両親を失ったブルース・ウェインが、犯罪と戦う為に故郷の街、ゴッサム・シティーへ帰って来た。ギャングと癒着した警察を相手にバットマンの戦いが始まる。その後、失敗を重ねながらも活躍を続けてきた彼の前に、かつてゴッサムを震え上がらせた殺人鬼、リーパーが再び現れ、バットマンと対峙する事に。
    アメコミを代表するスーパーヒーロー、バットマンの誕生秘話(活動開始1年目・2年目)を描いた作品。
    『バットマン:ダークナイト・リターンズ』や『シン・シティ』で知られるフランク・ミラーによる『イヤーワン』は、そこらのスーパーヒーロー漫画とは一線を画したリアリスティックで骨太なハードボイルドに仕上がっている。熱い信念を秘めつつも活動を始めたばかりで未熟さも目立つ人間臭いバットマンは勿論、腐敗した警察の中の唯一の良心とも言えるゴードン警部補がもう一人の主役と言っていいほど生身の「男」の魅力を漂わせて、痺れる。
    一方、マイク・W・バーによる『イヤーツー』は、凡作だ。リーパーは20年ぶりに復活した結構な年齢なのに根拠もなくバットマンより強く、バットマンの過去での重要人物であるジョー・チルも安易に登場させてしまう。話の展開も御都合主義や説明不足が目立ち、いただけない。大体、活動2年目を感じさせる場面もない。がっかりだ。
    『イヤーワン』は様々なハードボイルド小説に勝るとも劣らない傑作だが、『イヤーツー』は普通のヒーロー漫画だ。

  • 「そうだ、父さん 僕は蝙蝠になろう」

    ブルース・ウェインは如何にして蝙蝠の衣装を纏い
    闇の騎士として犯罪者を狩るようになったのか。
    そして、彼の友人たるゴードンはいかにして
    汚職渦巻くゴッサム市警の本部長となったのか。

    バットマン最初の2年間の物語を纏めた合本。
    映画でこの闇の騎士を知った人への最初の1冊におすすめしたい1冊です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

●フランク・ミラー[作/画]……『デアデビル』『バットマン:ダークナイト・リターンズ』『バットマン:イヤーワン』といった作品でスーパーヒーロー・コミックに新風を吹き込む。『ローニン』『シン・シティ』といったオリジナル作品も名作として知られ、後者が2005年に映画化された際には共同監督を務めた。2008年の映画『ザ・スピリット』では監督と脚本を兼任する。

「2018年 『300(スリーハンドレッド)〈新訳版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランク・ミラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アラン・ムーア
グラント・モリソ...
アラン・ムーア
ジェフ・ジョーン...
マーク・ミラー
有効な右矢印 無効な右矢印

バットマン イヤーワン/イヤーツーを本棚に登録しているひと

ツイートする