ホームタウンに恋をして (ヴィレッジブックス)

制作 : 大野晶子 
  • ヴィレッジブックス
3.56
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基本的にはいつものローリー・フォスター
    甘々で良い。

    叔母の言動が理解できなくてモヤモヤしてたら
    精神異常というオチ…
    叔母に引きずられずに読めばよかった。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    総合格闘技団体SBCの人気選手ディーン、通称“ハヴォック”。彼は20年ぶりに故郷に向かっていた。両親の死後ずっと疎遠だった妹たちのひとりから、突然手紙が届いたのだ。一方、イベントコーディネーターのイヴは、町のバーに入ってきた逞しい男に目を奪われる。翌年、親友にその話をしていると目の前に昨夜の男が。彼は親友カムの兄だったのだ!美しく成長した妹たちとの再会、魅惑的なイヴの存在は、ディーンの頑なな心を次第に変えていく。が、妹の婚約者気どりのロジャーに加え、対戦を熱望する大男グレゴールが現れた頃、彼の帰郷を喜ばぬ者による執拗な嫌がらせがはじまり…待望の新シリーズ。

    何気ない行動が真摯なんだけど、格闘かだから乱暴に見えちゃうヒーローディーンがとてもいい。
    いい人なのに、いい人って言われて困るのがとてもかわいい。
    イブも何で技ならうかな?
    みんなハーモニーに集まってくるみたいでそれはおもしろい。
    次の作品も楽しみ。

    Causing Havoc by Lori Foster

  • 〈格闘技ファイターSBC・シリーズ 1〉総合格闘技団体SBC人気ファイターのヒーロー。イベントコーディネーターのヒロイン。
    ロマンスだけど家族再生も同じくらい内容をしめている。ヒーローの複雑な過去や彼の心の葛藤が伝わり ホッとなロマンスと同じくらい しんみりとする。彼らの周囲でおこる事件も物語に大きな役割をもっている。少年だったヒーローの悲しみは計り知れないのではないか。記憶は消えない でも新たな記憶は上書き可能なのである。3組のロマンスが楽しめるのだ。

全4件中 1 - 4件を表示

ローリ・フォスターの作品

ツイートする