ダーウィンの子供たち 下 (ヴィレッジブックス)

制作 : 大森望 
  • ヴィレッジブックス
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半家族ドラマに陥りつまらないとナナメ読み、愛とか神とかワンネスの思想にベアも捕まったかと思っていたが。後半、エレクトゥスとサピエンスの発掘、ウイルスの存在意義など怒濤の如く話が発展し、ウイルス性パンデミックから人種間闘争というかESP差別を思わせるような物になりかけ、あーそっち系?と投げだそうとしたのを一気に挽回。人体のウイルスの話なのにやたら宇宙の広さを感じさせるSFに仕上がった。まあ、全作には及ばず。

  • 安定のグレッグ・ベアでした。
    もっと昔の刊行だと思い込んでいたらば、2010年ということで、2年遅れ程度で追いついた感じ。前作を読んだのはいつだったかな、随分経ってしまったけれど安心して楽しめました(大森さん…←あとがき参照)。
    奇しくもあとがきで訳者の大森さんが書いていますが、小川一水の天冥の標シリーズの冥王斑、インスピレーションはここからか(展開は全く違いますが)。このところ天冥の標シリーズをずっと読んでいたので、なにか引っかかっていたのが、ちょっと解けた感じ。
    グレッグ・ベアにしては非破滅的な展開で、読了も爽やか。ケイが触れていたのものが何だったのかが凄く気になりますね。20年後の世界など、書かないかなぁ。
    もっと彼の作品を読みたいし、昔の作品を入手したいのに古本を探さなければならないのは残念。まだまだ未訳のものたくさんあるんですよ(http://www.gregbear.com/books.cfm)。出版社さん、まだまだ売れる(というか僕は買う)作家ですよ、ぜひ!

  • -

全4件中 1 - 4件を表示

グレッグ・ベアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
グレッグ イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする