瑠璃色のドレスをまとって 華麗なるマロリー一族

制作 : 那波かおり 
  • ヴィレッジブックス
3.63
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マロリー一族シリーズらしい。
    シリーズを読んでないとジェームズジェーソンジョージーナ…….J多い。カップルの年齢設定もよくわからない。
    と混乱します。

    デレクはイケメンだしオークションとか窮地から救ってくれる安心感がポップでよい。うん、デレクイケメン。

    ジェーソンがよかった。

  • 楽しめましたが表面的な楽しさ深みは無いかんじ。
    簡単に愛人になる事を承諾(妹の為とか言ってるけど妹も同じ目に会わないかとか考えないの?)、愛人の座に簡単に満足し、ヒーローからのプロポーズは愛人だから拒否(レジーナみたいに解決策を考えたら?)。そっか、ヒロインが考え無しだから深みが無いのかも?性格はいいんだけどねえ。
    前のシリーズも読んでるはずだけど余り印象に無いので、一族一杯出て来てドタバタしてる…。シリーズ一気読みするほど好きにもなれそうにない。結論イマイチ。

  • 〈華麗なるマロリー一族 5〉 競売商品の貴族の娘ヒロイン。マロリー一族ハヴァストン侯爵の後継者ヒーロー。
    出逢いは最悪だったがヒロインにとってヒーローは救いの神だ。愛人契約がいつのまにやら本気になる展開の中 ヒーローのほうが本気度高かった。彼女のためにそりゃもう色々してやるんだから。しかし彼らの仲を引き裂こうとする輩はそんなの気にもしない酷い奴だったなぁ。
    でも一番ダメなのはヒロイン伯父だろうか。ぜひともマロリーに破滅させてもらおう。

全3件中 1 - 3件を表示

ジョアンナ・リンジーの作品

ツイートする